« 縞枯山・茶臼山(11.01.21 その1) | トップページ | ろうばいの郷(松井田) »

2011年1月23日 (日)

縞枯山・茶臼山(11.01.21 その2)

その1)から続く…

 展望台の分岐まで戻って来ると、茶臼山との鞍部に向かって下り始めます。
110121040

 フカフカした雪が積もった下り坂はピッチも上がって軽快に下ります…。110121041

 10分ほどで五辻の分岐まで下って来ましたが、右側の五辻方面に踏み跡がなく僅かに痕跡程度ですが、先ずは茶臼山に登って来ることにしました。
110121042

 分岐から少し進むと周囲の樹木が立ち枯れた鞍部となります。
110121043

 登山道を振り返って見ると右上に先ほどの展望台が見えました。
110121044

 さらに進むと急登が始まりましたが、風に揺られて落ちる粉雪が樹間に舞っており、木漏れ日がこれを照らしてとても幻想的な景色でした。
110121045

 急登を10分ほど登って一息つくと、歩いて来た縞枯山を振り返ります…。
110121046

 分岐から20分ほど登ると茶臼山の山頂に到着しますが、周囲の展望はなく山頂標識の写真を撮ると右に進んで展望台に向かいます。
110121047

 山頂から少し歩いて直ぐに樹林帯を抜け出すと南側に八ヶ岳と南アルプスの展望が広がりました。
110121048

 西側に中央アルプス~御嶽山~乗鞍岳と続く大展望が広がります。
110121049

 北西側に北横岳や蓼科山が見え、蓼科山の左奥に北アルプスが続きます。
110121050

 蓼科山と北アルプスとの間に先週歩いた美ヶ原の王ヶ頭が見えました。110121051

 茶臼山の展望台から穂高連峰と槍ヶ岳が大変良く見えました…confident
110121052

 南アルプスも良く見え北岳の左隣りに鳳凰三山が連なっています。
110121053

 こちらの山々も機会を見ながら歩いて見たいところです。
110121054

 中央が八ヶ岳の主峰・赤岳で一番右側の阿弥陀岳は登っていません。
110121055

 樹氷の向こうに金峰山が見え、山頂に五丈岩が突き出していました。
110121056

 展望台に吹く風は冷たく岩陰に入って行動食を取ると、素晴らしい景色に別れを告げて下り始めます。
110121057

 下山途中で見えた縞枯山の展望台はこれが見納めとなりました。
110121058

 10分ほどで五辻方面の分岐点に戻ると、痕跡程度のトレースをたどって五辻に下り始めましたが、間もなく雪が吹き溜まったところに出ると、薄いトレースも消えてルートが分からなくなりました。(こうした場所には赤布などがあると助かるのですが…think
110121059

 初めは正面の御嶽山に向かって直進しましたが、20mほど進んでから左奥に人が歩いたような痕跡があったため、歩く方向を修正してさらに下って行きます。
110121060

 GPSの軌跡は地形図の登山道に乗っているようで、先ずは一安心して雪景色を眺められるようになりました。(こうした時はGPSが便利なツールだと思います…)
110121061

 歩いて来た茶臼山を振り返ると右肩に展望台の岩峰が突き出していました。
110121062

 さらに薄いトレースを探しながら立ち枯れの林の中を下って行きます。
110121063

 登山道は人に歩かれて周囲に比べて少し凹んでおり、両側の木の枝が擦れて涸れていることが多いため、ルートファインディングの際に一つの目安になると思います。
110121064

 雪山の下りは足取りも軽快で分岐から20分ほどで五辻に下ると、五辻から山頂駅までは緩やかな登りが続きました。
110121065

 途中で開けたところに出ると道迷い防止のためか(色が褪せて紅白になった?…)小旗が立っていました。
110121066

 登山道の左側に素晴らしい展望が広がっています。
110121067

 五辻から20分ほど歩くと森林浴展望台に着きましたが、小さな案内板に山頂駅まで約30分となっており、疲れた身としてはこれは見なかった方だ良かったようです…think
110121068

 展望台を過ぎると樹林帯に入りますが、15分ほど歩くと樹林帯を抜け出して、前方正面に北横岳に見えて来ます…confident
110121069

 間もなく北横岳の左手前にロープウェーの山頂駅が見えてきました。
110121070

 歩いて来た登山道を振り返ると縞枯山のピークに別れを告げます…。
110121071

 五辻からユルユル歩いて50分、予定より少し早く全行程4時間10分でロープウェー山頂駅に戻って来ました。
110121072

 山頂駅の前でスノーシューを脱ぐと、高級なカメラを持って雪景色を撮りに来た人たちと言葉を交わし、山頂駅13時40分発のゴンドラに乗って下ることにしました。(ゲレンデ横の登山道を歩いて下る元気は残っていませんでした…coldsweats01

 車に戻って道具を片付け身支度を整えると、帰る途中でR142号線沿いのあさしな温泉・穂の香乃湯(入湯料=400円)に寄ることにし、大きな風呂にユックリ浸かって冷えた身体を温め、汗を流してから帰ることにしました。

                                          ページの先頭に戻る

« 縞枯山・茶臼山(11.01.21 その1) | トップページ | ろうばいの郷(松井田) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/50664178

この記事へのトラックバック一覧です: 縞枯山・茶臼山(11.01.21 その2):

« 縞枯山・茶臼山(11.01.21 その1) | トップページ | ろうばいの郷(松井田) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック