« 手づくり味噌の仕込み… | トップページ | ダナーをゲット!… »

2010年12月19日 (日)

榛名 水沢山(10.12.18)



① 2010年12月18日(土)天候:晴れ
② 水沢山:1194.4m
③ コースタイム(行動時間:3時間05分)
 水沢観音駐車場(09:20)===登山口(09:30)===お休み石(10:00)===12石仏の尾根(10:35)===水沢山(10:55~11:15)===12石仏の尾根(11:30)===お休み石(11:50)===登山口(12:20)===水沢寺駐車場(12:25)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、個人の体力差や季節・天候によりコースタイムも変わりますので、あくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:4.39km、累積標高:±657m)101218000

 自宅の都合で遠出することが中々難しいのですが、2週間ぶりにトレーニングを兼ねて山歩きに出かけることにし、自宅近くの榛名・水沢山に登ることにしました。

 
水沢山は今年の元旦にも初日の出を拝むために登っていますが、正月行事もあって陽が昇ると直ぐに下山しており、日中に登る水沢山となると2年振りとなります。

 自宅から水沢観音までは40分ほど、いつものように途中のコンビニで食料を準備し、ほぼ予定通りの時間で水沢観音駐車場(マップコード:94 818 325)に到着します。

 広い駐車場の右奥に登山者の車が10台ほど駐車しており、車から降りて準備をしている人たちも何人か見かけました。

 自分も車を停めて歩く準備をすると、今回は水沢観音には寄らず駐車場裏の林道から歩くことにしました。

 丁度同じ頃に歩き始めたベテランさんの話によると、水沢山に毎日登っている人がいるとのことで、中には2往復、3往復する人たちもいるようでした。

 駐車場から10分ほど歩くと熊注意の看板が立った登山口となりますが、体も温まって来たため、アウターのジャケットを脱ぐことにしました。(朝方の気温に合わせて重ね着をしましたが、少し歩くと暑くなって汗をかいてしまうため、体温調整が難しい季節です…)
101218002

 水沢山は標高1200mほどですが、山頂からの展望が素晴らしく、アプローチも簡単がため思った以上に人気のある山で、今回も大勢の登山者を見かけました。(それにしても2週間ぶりの山歩きで体が重く、皆さんに置いて行かれてしまいます…bearing
101218003

 登山口から15分ほどで稜線に出ると、山頂まで1.35kmの案内板が立っています。
101218004

 ボランティアで整備された登山道は大変歩きやすく、手作りの階段は足運びに無理がないよう作られています。
101218005

 駐車場から40分ほどでお休み石に到着すると、山頂までの標高差580mの半分を稼いだことになります。
101218006

 お休み石を通過すると岩場混じりの急登が始まりますが、両手を使うような難しいところはありません。
101218007

 20分ほど登ると緩やかな登山道になり、前方の稜線の先が明るくなって来ます。
101218008

 やがて山頂まで0.4kmの案内板の立った12石仏の尾根に到着します。
101218009

 12石仏の尾根から北東側を中心に視界が開けますが、今日は上越国境や日光方面の山々に厚い雪雲がかかっていました。
101218010

 利根川の対岸に聳える赤城山ですが、最高峰の黒檜山は雲がかかっており、地蔵岳や荒山・鍋割山の山頂は見えていました。
101218011

 石仏の前には小さな賽銭箱が置かれ、登山者が上げたお賽銭も入っていました。

 下山して来た人に山頂の様子を聞いて見ると、山頂は景色を楽しむ人たちで賑やかで、富士山も霞んで見えたと話していました。
101218012

 12石仏の尾根から山頂までは、東西方向に延びた稜線を歩きますが、岩場混じりの登山道もあり、要所にロープも付けられています。
101218013

 途中に(立ち木が切られて…)南側の視界が開ける場所があり、奥秩父の山並みが見えるのですが、写真に撮るのは中々難しいようです。
101218014

 駐車場から1時間30分ほどで山頂に到着しましたが、東西に細長い山頂で10人ほどの人たちが景色を眺めて休んでいました。
101218015

 山頂の北側に見えるピークで、左側が十二ヶ岳と小野子山、右側が子持山、その間に見えるのが三峰山と思われす。

 当初は十二ヶ岳と小野子山に登ろうとも考えましたが、山向こうの高山村の天気予報が良くなかったため、天気の良さそうな水沢山に登ることにしました。
101218016

 山頂西側に見える山々で、左側から相馬山、榛名富士、二ツ岳の雌岳、アンテナの立つ雄岳、烏帽子ヶ岳の順となり、北側斜面に雪が残っているようです。
101218017

 南西側のギザギザした山が妙義山で、その右奥に霞んだ荒船山が見えますが、その先の八ヶ岳などは雲がかかって見えません。101218018

 御荷鉾山の右奥に富士山がみえますが、写真に撮ると霞んで写らないようです。
101218019

 山頂で持って行ったバナナなどを食べ、20分ほど休んでから下山を始めましたが、水沢観音の駐車場まで1時間10分で下ることが出来ました。

 ただ2週間振りの山歩きのためか、下山の途中から両ヒザが少し痛くなってしまい、日頃のトレーニングが大切なことを改めて実感しました。

                                          ページの先頭に戻る

« 手づくり味噌の仕込み… | トップページ | ダナーをゲット!… »

登山」カテゴリの記事

コメント

ひまじんさん、ご無沙汰しております!
やはり、きちんと山に登るにはトレーニングが必要なのですね・・・
水沢観音は好きでよく行くのですが、近くに登山用のコースがあったとは知りませんでした。
人も多くてビックリです。

先日、車を運転中、庭先に金柑が実っているお宅があって、ひまじんさんを思い出していました。
昨年はおいしかったな・・・と。
それが、今朝沢山の金柑が!
ありがとうございますo(_ _)oペコッ
皆でおいしくいただきました!

ひまじんさん、こんばんはnight
初めてコメントさせていただきます。
8月に念願の富士登山を果たしたあおです★
覚えていらっしゃいますでしょうか。。

今日金柑をいただきました。ごちそうさまでしたhappy02
初めて食べたのですが、美味しかった~~note
お庭になるなんて素敵ですね。
私が住んでいる地域は寒いため、金柑が育つには適さないそうです。。

お元気そうで何よりですshine
ブログを拝読して、私もひまじんさんを見習って体を動かしたいなぁと思いました。
近々ボルダリングにも挑戦したいと思っていますflair

くろちゃん>
こんばんわ…、元気そうで何よりです。
先日、渋川に寄ったらAさんが頑張っていましたよ…confident
金柑は家では幾つも食べませんし、その内に野鳥が食べてしまいますので、熟したら事務所に持って行こうと思っていましたが、会議で金柑好きのOさんと一緒になることが分かり、色付いたものを採って行きました。

あおちゃん>
こんばんわ…、ちゃんと覚えていますよ…good
初富士山の次はボルダリングに挑戦とはちょっと驚きでしたよ…coldsweats01
もっとも山の雑誌などを見ると、その手の記事なども載っていますし、榛名の黒岩などで練習している人たちもいるようです。
あおちゃんはリーチが長そうですし、岩壁の手掛かりを掴むのに有利かも知れません。
ただ、経験者のキチンとした指導を受けてからチャレンジして下さいね…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/50342238

この記事へのトラックバック一覧です: 榛名 水沢山(10.12.18):

« 手づくり味噌の仕込み… | トップページ | ダナーをゲット!… »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック