« 両神山・八丁尾根コース(10.11.03 その1) | トップページ | 西上州 小沢岳(10.11.10) »

2010年11月 5日 (金)

両神山・八丁尾根コース(10.11.03 その2)

その1)から続く…

 龍頭神社奥宮の岩峰を越えて東岳の岩場に取り付きますが、しばらく登ると展望が開け西岳から赤岩岳に続くギザギザの岩稜を一望することが出来ました。
101103032

 西岳と行蔵峠の岩峰のアップですが、2人連れの登山者が西岳の急傾斜の岩場を下っているのが見えました…coldsweats01
101103033

 クサリを登るとテラス状になった岩場の上に出ますが、オーバーハングの岩場で下の方は見えません。
101103034

 東岳のピークに向けてさらに一段クサリを登りますが、途中の岩場でルートに詳しい人から色々な情報を教えてもらい、10月末に東岳で死亡事故があったばかりと言うことで、明日は我が身とならないよう…しっかり足場を確保しながら登りました。
101103035

 やがて東岳の岩稜に上がると再び展望が開け、赤や黄色に色付いた赤岩尾根が目の前に広がります。
101103036

 御座山の左奥に雲のかかった八ヶ岳が見えましたが、雪が降ったらしく少し白くなっていました。
101103037

 登山口から3時間ほどで東岳に到着しましたが、東岳の山頂にベンチとテーブルが置かれているため、景色を眺めながら休憩するのに最高の場所でした…happy01
101103038

 東岳から山頂方向を撮って見ましたが、山頂の手前に2つのピークがあり、ここから山頂を見ることは出来ません。
101103039

 東岳を越えると一般的な登山道となり、先ずは一つ目のピークに登り返します。
101103040

 さらに山頂に向かって稜線上の登山道をたどりますが、山頂直前で稜線を外れ左下に巻くところもありました。
101103041

 登山口から歩き始めて約4時間…、ようやく両神山の山頂に到着しました。
101103042

 山頂の南西側に西上州の山々や御座山・八ヶ岳などが見えました。
101103043

 肉眼では南側に富士山が見えましたが逆光でコントラストが強く写真になりません…think
101103044

 両神山の山頂は大変狭く、日向大谷から登って来る人たちが多いため、周囲の写真を撮ると東岳に戻って昼食休憩にすることにしました。

 東岳のピークに戻って40分ほど休憩すると、周囲の写真を撮って下山を始めましたが、北側に白い岩峰の二子山が見え、その先に御荷鉾山や雲の取れた赤城山が見えました。
101103045

 八ヶ岳にかかっていた雲も少し取れたようで、赤岳から硫黄岳の中腹から上が雪で白くなっていました。
101103046

 赤岩尾根の中腹を少しアップにしましたが、ここの紅葉も今夏の猛暑の関係か少し茶色くなっているようでした。
101103047

 東岳から下る途中から見えた大岩壁ですが、その奥に延びているのが天武将尾根のようで、山と高原地図では点線の難ルートになっています。
101103048

 西岳の遥か遠くに浅間山が見え、こちらも雲が取れて山頂が姿を見せました。
101103049

 さらに下って西岳を眺めましたが、この岩峰をどう登ろうか?…coldsweats01と言う感じでした。
101103050

 東岳の西側直下のクサリ場でこの岩場がコース一番の難所だと思いました。
101103051

 西岳と同じ高さまで下って来ましたが、キレットの最低鞍部はさらに下って行きます。
101103052

 西岳のピークの直下から東岳を振り返りました。(午前中は逆光のためこのアングルの写真を撮ることが出来ませんでした…)
101103053

 西岳の岩場を越えてホッと一息と言うところですが、向こうの岩峰に立っている女性は神奈川からの夫婦連れで、岩稜歩きが好きだと言う奥さんでした。
101103054

 難所の八丁尾根も終わりが近づき、歩いて来たルートを振り返って見ました。(何ヶ所か嫌らしいクサリ場もありますが、慌てず落ち着いて通過すれば日向大谷ルートより面白いと思いました…)
101103055

 先ほどの夫婦連れと言葉を交わしながら歩き、東岳のピークから八丁トンネルの登山口まで2時間半ほどで下りましたが、岩稜歩きが続くため山と高原地図が示すほど登り下りの時間差はないと思われました。

 帰りはR462号線経由で帰宅することにし、途中で旧鬼石町の桜山温泉センター(入湯料=600円)に寄って汗を流してから帰宅しました。(桜山温泉センターは閉館しました…)

                                          ページの先頭に戻る

« 両神山・八丁尾根コース(10.11.03 その1) | トップページ | 西上州 小沢岳(10.11.10) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/49943408

この記事へのトラックバック一覧です: 両神山・八丁尾根コース(10.11.03 その2):

« 両神山・八丁尾根コース(10.11.03 その1) | トップページ | 西上州 小沢岳(10.11.10) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック