« 谷川連峰 白毛門・笠ヶ岳(10.10.16 その1) | トップページ | かみつけの里 古墳祭り2010 »

2010年10月18日 (月)

谷川連峰 白毛門・笠ヶ岳(10.10.16 その2)

その1)から続く…

 白毛門の山頂からは、一ノ倉岳の右奥の茂倉岳のピークが良く分かります。
101016038

 東側に尾瀬を代表する燧ヶ岳と至仏山が仲良く並んでいました。
101016039朝日岳方面に向かう登山者や

 白毛門の山頂で少し休んで軽い流動食を取ると左側に見える笠ヶ岳に向かいます。
101016040

 登山道脇で見かけた鮮やかに色付いた紅葉です…。
101016041

 登山道は白毛門の山頂から少し下り、小さなピークを幾つか越えて歩きます。
101016042

 草紅葉と紅葉で白い樺の木が印象に残りました。(写真は下山時のもの…)
101016043

 白毛門と笠ヶ岳の最低鞍部を越えると、笠ヶ岳山頂に向かって登り始めます。
101016044

 烏帽子岳の中腹は笹の緑と黄葉のコントラストが見事でした。
101016045

 最低鞍部から一つ目の小ピークを越えて山頂を眺めると、先行していた若い人が笠ヶ岳の山頂に立ったようです。(写真は少し分かり難いのですが…)
101016046

 二つ目のピークを越えると灌木が少なくなり、森林限界に達すると周囲の植生はクマ笹に変わります。
101016047

 笠ヶ岳の山頂直下の急登ですが、先行している登山者が見えました。
101016048

 笠ヶ岳の中腹から白毛門を振り返って見ると、直ぐ後ろから二人連れの登山者が登って来ており、その少し後ろにも二人連れが後続していました。
101016049

 急登の途中で一息入れながら谷川岳を眺めましたが、右側の一ノ倉岳と茂倉岳の間に芝倉沢が見えました。
101016050

 登る途中のあちこちで風景を眺め写真を撮りながら歩いて来ましたが、白毛門から70分ほどで笠ヶ岳の山頂に到着しました。

 山頂で二人の登山者が景色を眺めて休んでいましたが、その後も10数人の登山者が次々と登って来ました。
101016051

 ガイドブックに白毛門の先は訪れる人が少ないと記載されていましたが、紅葉シーズンが真っ盛りと言うこともあるのか、縦走用の大型ザックを背負って朝日岳方面に向かう人たちが多かったようです。

 登った時は七ツ小屋山やその先の大源太山が見えましたが、昼食用のお湯などを準備している間に山頂にガスが掛かってしまいました…coldsweats01
101016052

 清水峠を少しアップにすると三角屋根の送電線監視所が見え、その右側に避難小屋が見えますが、写真を圧縮すると判別出来なくなるようです。
101016053

 清水峠から朝日岳にかけての稜線で、こちらの中腹も紅葉が盛りのようでした。
101016054

 避難小屋を通過して烏帽子岳に向かう縦走路で、烏帽子岳の左奥に見える平らな山頂が朝日岳のようです。

 群馬の山歩き130選を見ると、朝日岳まで進むと往復11時間ほどの大変ハードなコースになるようで、今のところ挑戦出来そうにありません。
101016055

 笠ヶ岳の山頂で50分ほど休憩すると、標高差1100m余を下って土合橋駐車場の登山口に戻りますが、山頂から見える白毛門もずい分遠くにあるように思いました。
101016056

 それでも帰りは身も心も軽くなったこともあり、笠ヶ岳から白毛門まで約1時間…、白毛門の先は途中の松ノ木沢ノ頭で少し休憩しましたが、登山口まで3時間弱で下山することが出来ました。

 登山者に良く知られた日帰り温泉の「湯テルメ谷川」ですが、紅葉シーズンの週末で一般の観光客も混じって大変混雑することが予想されるため、高速で前橋ICまで走るとIC近くの日帰り温泉に寄って汗を流してから帰宅しました。

                                          ページの先頭に戻る

« 谷川連峰 白毛門・笠ヶ岳(10.10.16 その1) | トップページ | かみつけの里 古墳祭り2010 »

登山」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ、白毛門で声を掛けたtomoです。

笠ヶ岳まで足を伸ばせてよかったですね。
最高の天気の紅葉は、素晴らしかったと思います。
これから何度も来てくださいね。

Tomoさん>

コメントありがとうございます。
30年以上も前の話ですが、その頃の職場には同好会のような山歩きのクラブがあり、白毛門に登った人たちから素晴らしい景色だったと聞いた覚えがありました。

今回の白毛門は初めての挑戦で厳しい急登が続きましたが、大変素晴らしい大展望と見事な紅葉を楽しむことが出来ました。
次回は花の季節など、歩く季節を変えて挑戦したいと思っています…。

 同じ日、同じような時間で白毛門の山頂にいました。もしかして山頂でお会いした方かも。キャノンの白いレンズで写真を撮っていた者です。
 西上州の山の資料をさがしていたところ偶然こちらのブログを見つけました。写真が綺麗ですね。また、登山データも大変参考になります。

syabinさん こんばんわ…

白毛門の山頂でキャノンの白レンズが目に留まり、Lレンズの話をしましたから、多分、お会いしていると思います。

私はsyabinさんの学生時代のように、本格的な山歩きをしていた訳ではありませんが、現役リタイヤ後の楽しみとしてアチコチの山に出かけるようになりました。

また、どこかの山で白レンズの方を見かけましたら、声をかけさせてもらいますが、山行記録を見ると足も速く健脚な方のようでうらやましい限りです…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/49777150

この記事へのトラックバック一覧です: 谷川連峰 白毛門・笠ヶ岳(10.10.16 その2):

« 谷川連峰 白毛門・笠ヶ岳(10.10.16 その1) | トップページ | かみつけの里 古墳祭り2010 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック