« 退職記念にマクロレンズ… | トップページ | 苗場山・祓川コース(10.07.27) »

2010年7月22日 (木)

日光白根山(10.07.20)



① 2010年7月20日(火)天候:晴れ
② 日光白根山:2578m
③ コースタイム(行動時間:5時間45分)
 ロープウェー山頂駅(08:25)===大日如来(08:55)===地獄ナギ(09:15)===森林限界(10:15)===奥白根神社(11:10)===日光白根山(11:20~12:00)=== 弥陀ヶ池分岐(12:40)===六地蔵分岐(13:25)===大日如来(13:40)===ロープウェー山頂駅(14:10)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、個人の体力差や季節・天候によりコースタイムも変わりますので、あくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(距離:8.22km、累積標高差:±735m)
100720000

 梅雨開け後、初めての山歩きとなりましたが、渋滞が予想される3連休を避けて日光白根山に行ってきました。

 自宅周辺で歩いているとは言え前回から6週間ぶりの山歩きで、本格的な夏山シーズンに向けて3年振りに日光白根山に登ることにし、比較的簡単な日光白根山ロープウェーを使って登る丸沼高原コースを歩くことにしました。

 日光白根山ロープウェーがある丸沼高原スキー場(マップコード:735 219 327)までは自宅から2時間弱…、平日は午前8時が始発となるため自宅を6時過ぎに出発します。

 途中の椎坂峠で長年の懸案であった椎坂トンネルの工事が始まっており、このバイパスが開通すれば国道120号線のボトルネックが解消され、この区間の通過時間が3分の1に短縮されるそうです。

 丸沼高原スキー場の駐車場に7時45分頃に到着しましたが、既に10台ほどの車が停まっており、ほとんどが山登りの人たちのようでした。

 チケット売り場の直ぐ前に車を停めると、すぐに準備をしてロープウェーの乗車券(往復=1800円)を購入し、山麓駅の乗場に向かうと十数人の人たちが並んでいました。
100720002

 このロープウェーのゴンドラは8人乗りのようですが、単独でも二人連れでも1台に1組ずつ乗せているため、結構、待ち時間が長いように思えました。(平日で若い人たちは少ないようです…)
100720003

 しばらく並んでゴンドラに乗り込みますが、標高差600m・距離2.5kmを15分で登るため、一般観光客でなくても使わない手はありません…。
100720004

 しばらく登ると丸沼が見えて来ますが、丸沼の左上のピークが群馬百名山の四郎岳のようです。(現状では群馬百名山を踏破しようと思っていません…)
100720005

 ほぼ計画通りの時間で山頂駅に到着し、駅舎から外へ出ると日光白根山が見えました。(何か雲が多いように思いますが午後の雷雨を除けば天気の心配はないようです…)
100720006

 山頂レストランの奥に登山口があり、入り口に大きな案内看板が立っています。
100720007

 赤い鳥居をくぐると直ぐ左側に二荒山神社の真新しい社殿があり、皆さんここで参拝してから歩くようでした。(こちらの鳥居の左側に御神水=水場があり、帰り道で渇いたノドを潤おしてくれました…)
100720008

 二荒山神社の直ぐ先で鹿避けのゲートをくぐると、遊歩道のような針葉樹林帯(シラビソ)の登山道が続いています。
100720009

 血の池地獄の分岐点を右手に進んで大日如来に進みます。(この辺りは8年前のかすかな記憶が残っていました…)
100720010

 40分ほど歩くと大日如来の石像が祀られていましたが、前回はこんな立派な由来書などはなかったように思います。
100720011

 七色平分岐の少し手前で日光白根山の山頂が見えました。
100720012

 七色平の分岐点ですがコースの所どころに現在地案内の看板が立っています。(今回は山頂から弥陀ヶ池側に下り、この分岐に戻る周回コースを歩きます…)
100720013

 地獄ナギ(上部が富士山の大沢崩れのような地形…)の道標で、少し手前に地獄ナギに向かう分岐点がありましたが、現在は閉鎖されているようです。
100720014

 予想以上に気温も高く、久しぶりの山歩きでシャリバテ気味のため、地獄ナギの少し先で一息入れると、軽い流動食を摂って樹林帯最後の急登に取り付きます。
100720015

 登山口から1時間45分…、少し遅れ気味ですが森林限界に登って来ました。
100720016

 登山道の周辺は高山植物の群落になっており、マクロレンズで花々を撮ってみましたが、中々思うような写真を撮ることが出来ません。(花は最後に載せました…)

 写真は撮りたいのですが先のある山歩きでもあり、山頂に向かって少し登ってから背後を振り返ると、南西側に見慣れた山々が見えました。(白い花はシャクナゲです…)
100720017

 登山道の周囲は草付きから歩き難いザレ場に変わり、20分ほど登ってから振り返ると後続の人たちが続々と登ってきました。
100720018

 ザレ場の途中に地獄ナギルートの分岐点があり、8年前はこの分岐点から山頂駅方面に下りました。(現在は踏み跡も残っていないようです…)
100720019

 さらに登ると前方に山頂手前の分岐道標が見えて来ます。(登山道の周囲にイワカガミの群落がありますが、流石に花の時期としては遅かったようでした…)
100720020

 南峰手前の分岐点から右手に進むと避難小屋方面に下れます。
100720021

 南峰に祀られた奥白根神社の奥宮で、今回は登山者も少ないこともあって祠の基壇に腰掛けるような、バチ当たりの人はいませんでした。
100720022

 南峰から山頂に向かいますが、一旦鞍部に下ってから登り返します。
100720023

 山頂手前から南峰の全景で左側に延びる稜線で沢山の登山者が休んでいます。
100720024

 山頂手前から五色沼でいつ来ても不思議な色合いの沼だと思います。(五色沼の右背後のピークが前白根山で、その先に男体山が見えるハズですが、今回は雲に隠れて最後まで姿を見せてくれません…)
100720025

 山頂駅から3時間弱…、途中で大分遊んだことなどもあり、予定より30分ほど遅れて山頂に到着しました。
100720026

 狭い山頂は10人ほどで一杯となるため、北峰に進んで昼食タイムを取ることにし、北側の鞍部を下って登り返します。

 日光白根山は菅沼コースや奥日光の湯元方面から登る人も多く、山頂では入れ替わり立ち替わりで記念写真を撮っていました。
100720027

 北峰からの弥陀ヶ池(右手前)と菅沼で、尾瀬の燧ヶ岳も見えるハズですが、素晴らしい景色をオカズにして昼食を摂ることにしました。
100720028

 北峰で30分ほど休むと北側ルートから下り始めましたが、登る途中で言葉を交わした人が話していたように、いつ落石事故が起きてもおかしくない急登で、前後する登山者に気を配りながら下山することにしました。

 北峰の下降点から15分ほど下り、難所のガレ場を抜けると直ぐ下に弥陀ヶ池が迫って来ました。(左奥の雲が取れて燧ヶ岳が見えて来ました…)
100720029

 登山道の右下に五色沼が見えました。(白い花はハクサンシャクナゲの群落です…)
100720030

 さらに下って分岐点の手前に下って来ると、弥陀ヶ池の畔に登山者が見えました。
100720031

 山頂から約40分…、ほぼ予定通りの時間で弥陀ヶ池の分岐点に着きました。

 ここから弥陀ヶ池までピストンする人たちもいますが、ここは前方右手に延びる登山道を歩き座禅山を回って帰ることにします。
100720032

 分岐点から少し登って日光白根山を振り返りました。(少し右側の切れた鞍部から下りましたが、分岐点にも次々と登山者が下って来ました…)
100720033

 座禅山の火口跡を通過して少し下ると樹林帯が切れ、今日初めて上州武尊山がその姿を見せてくれました。
100720034

 弥陀ヶ池の分岐から約40分…、自然散策コースの分岐点に下りました。

 右に進めば六地蔵などの山岳信仰の史跡もあるようですが、ここは予定通りに直進して七色平の分岐点に向かいます。
100720035

 予定通りの時間で山頂駅の広場に着きましたが、日光白根山ロープウェーのHPで紹介していたコマクサは盛りを過ぎたようでした。(ここはピンクのコマクサが多いようです…)
100720036

 山頂駅の南隣に足湯(天空の足湯と言うようです…)があり、数名の観光客が足湯を楽しんでいましたが、ここは我慢の子で直ぐに下ることにし、帰宅途中で何時も寄っている白根温泉(入湯料=700円)で汗を流すことにしました。

                                          ページの先頭に戻る

◎日光白根山で見かけた花々(お時間があればこちらもどうぞ…)

 
ハクサンフウロ…
100720037

 イワオトギリと思います…
100720038

 コツマトリソウでしょうか…
100720039

 ハクサンシャクナゲ…
100720040

 他にシロバナヘビイチゴやアカモノ、イワカガミなどを撮ってみましたが、予定が遅れ気味で気が急いたこともあるのか、何とか見られるのは4種類の花だけでした…。

« 退職記念にマクロレンズ… | トップページ | 苗場山・祓川コース(10.07.27) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/48944830

この記事へのトラックバック一覧です: 日光白根山(10.07.20):

« 退職記念にマクロレンズ… | トップページ | 苗場山・祓川コース(10.07.27) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック