« 忍野八海 | トップページ | 庚申山(10.06.06) »

2010年5月23日 (日)

赤城 鍋割山・荒山(10.05.22)



① 2010年5月22日(土)天候:晴れ後曇り
② 鍋割山:1332.3m、荒山:1571.9m
③ コースタイム(行動時間:6時間40分)
 登山口駐車場(05:40)=== 宮城登山口(05:47)===鍋割高原(06:25)===鍋破山前不動の分岐(07:20)===鍋割山(07:30~07:40)===荒山高原(08:20)===箕輪分岐(08:40)===荒山(09:20~09:30)===ひさし岩(09:50)=== 上の避難小屋分岐(09:55~10:25)=== 下の避難小屋分岐(10:50)===森林公園登山口(11:30)=== 宮城登山口(12:15)=== 登山口駐車場(12:20)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、個人の体力差や季節・天候によりコースタイムも変わりますので、あくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(距離:12.75km、累積標高差:±1003m)
100522000

 先日のY新聞地方版に伊香保・長峰公園のヤマツツジが見頃と言う記事がありましたが、この記事に触発されて伊香保の水沢山や森林公園周辺に出かける人も多いだろうと思い、伊香保の長峰公園と同じような標高となる赤城の鍋割高原~鍋割山のルートを歩いて見ることにしました。

 
鍋割山に登るだけなら県道4号線沿いにある箕輪登山口から登った方が楽ですが、前回08年11月と同じように宮城登山口から鍋割山に登り、その後、さらに足を延ばして荒山から赤城森林高原登山口に下山することにしました。

 当日は午前4時半過ぎに自宅を出ると、宮城登山口(マップコード:261 301 162)の目印となる赤城国際CCに向かいましたが、ゴルフ場の入口から見ると丁度反対側の方に登山口が位置しています。

 自宅から40分ほどで宮城登山口と富士見登山口の間にある駐車場に到着しましたが、まだ時間も早かったためか登山口周辺は1台の車も停まっていませんでした。

 すぐに支度をすると林道を少し歩き、登山口の写真を撮ってから歩き始めます。
100522002

 登山口から歩き始めて直ぐに林を抜けると案内道標があり、傍らに咲いていたヤマツツジが丁度見頃になっていました。
100522003

 鍋破山前不動への分岐を過ぎると本格的な山道となりますが、コース沿いのアチコチに赤いヤマツツジが咲いていました。
100522004

 登山道は鍋割高原の西側斜面に付いており、2~3回折り返して登って行きます。
100522005

 やがて西側の展望が開けますが、今日は気温が高くて春霞が掛かっていました。(左側のピークが榛名山で右側が小野子山と子持山です…)
100522006

 鍋割高原の取り付きのルートですが、短い割に岩場歩きなどが適度に混じり、中々面白いコースと思います。
100522007

 登山口から20分ほどで緩やかな登山道となり、赤いヤマツツジの咲いている鍋割高原に到着します。
100522008

 鍋割高原の下の方ではヤマツツジが丁度見頃で、広いササ原のアチコチに赤いツツジの花が咲いていました。
100522009

 やがて南西側に前橋市街地が見えますが、今日は春霞で遠望は無理なようでした。
100522010

 獅子ヶ鼻近くに立っていた道標ですが、この辺りで遊んでいるのも良さそうです。
100522011

 少し標高が上がって来るとツボミのヤマツツジが増えて来ます。
100522012

 やがて鍋割高原に別れを告げますが、しばらくヤマツツジが楽しめそうでした。
100522013

 先に進んで岩場混じりの急登を山頂直下の鞍部に向かって登ります。
100522014

 さらに標高を上げて行くと薄ムラサキのミツバツツジが咲いていました。(右手前はヤマツツジのようで、ようやくツボミが膨らみ始めたところです…)
100522015

 鍋割高原から40分ほど登って緩やかな肩の鞍部に上がりました。
100522016

 樹林帯を抜けると鍋破山前不動の分岐点に着きますが、この辺りのヤマツツジはツボミが固いままで、さらに1週間~10日くらい経たないと花が咲かないようです。
100522017

 それでも日当たりの良いところでは、ヤマツツジのツボミが膨らんでいました。(背後の山が榛名山で、その先に浅間山が霞んでいます…)
100522018

 宮城登山口から約1時間40分で鍋割山の山頂に到着しましたが、箕輪登山口から登った登山者をボツボツ見かけるようになりました。
100522019

 山頂で10分ほど休んで行動食を摂ると、次の荒山高原に向かって歩き始めます。
100522020

 やがて稜線左手の展望が開けると、鈴ヶ岳の左奥に上州武尊山が見え、さらにその左側に谷川連峰が見えて来ました。
100522021

 白い上越国境の山並みですが、残雪も大分少なくなったようです。(ヤマツツジのツボミがようやく赤くなったところです…)
100522022

 西側の四阿山から草津白根方面は墨絵のように見えました。
100522023

 稜線の小ピークに立つと登山道の先に荒山が見え、その左奥にアンテナの立つ地蔵岳が見えました。(この辺りから最高峰の黒檜山は見えないようです…)
100522024

 稜線二つ目の小ピークを通過すると右下の荒山高原に下ります。(一番左側のピークが鍬柄山となります…)
100522025

 荒山高原まで下って来るとアチコチでミツバツツジが咲いていました。
100522026

 荒山高原は看板を撮って通過し、前方に見える荒山に向かいます。
100522027

 荒山高原から10分ほど登って鍋割山方面を振り返りました。(この辺りもツツジのツボミが固いようです…)
100522028

 さらに30分ほど登って山頂直下の急登になりました。(2か所ほどロープの付いた岩場がありました…)
100522029

 山頂直下まで登って来るとピンク色のアカヤシオの花が残っており、登山道を少し外れると綺麗なアカヤシオが見つかりました。(背後に聳える三角ピークが鈴ヶ岳です…)
100522030

 荒山高原から約1時間で石祠が祀られた荒山山頂ですが、山頂周囲の展望はあまり良くありません。
100522031

 山頂北側にある小さな岩場から北西方面を眺めると、左側の霞の中に子持山が浮かんでいるように見えました。
100522032

 山頂東側に進むと地蔵岳とその右背後の駒ヶ岳、鞍部を挟んで小地蔵から長七郎山が見えました。

 鞍部の間にシルエットになっているのが袈裟丸山で、今週辺りも大勢の人たちで賑やかと思います。
100522033

 山頂で10分ほど休んで周囲の写真を撮ると、今度は関東ふれあいの道に向かって南東尾根を下ります。

 途中で1本だけ咲いているシャクナゲを見つけましたが、南東尾根にもアカヤシオの花が少し残っていました。
100522034

 南東尾根の途中に展望の良いひさし岩がありましたが、この季節になると遠くの景色は難しいようです。(中央左のピークは長七郎山です…)
100522035

 山頂から20分ほどで関東ふれあいの道の分岐点ですが、東屋風の避難小屋は相変わらずでした。

 鍋割山を過ぎてからは水分補給だけだったこともあり、この分岐点で30分ほど食事休憩を取りましたが、大勢の人たちが行き来しており流石に新緑と花のシーズンでした。
100522036

 一休みすると歩き始め25分ほどで下の避難小屋の分岐点となりますが、この分岐点から赤城温泉に向かう人たちを見かけました。
100522037

 今回はこの分岐点から森林公園登山口に下りましたが、緩やかな登山道の周辺でミツバツツジが咲いていました。
100522038

 標高が下がると周囲がヤマツツジとなり、これは登山口近くで見かけた小さな群落です。
100522039

 下の分岐点から40分ほどで森林公園登山口に下りましたが、このルートから登る人たちも多いようで、駐車場に10数台の車が停まっていました。
100522040

 駐車場から宮城登山口まで45分ほど林道を歩きますが、森林公園登山口には公衆トイレもあり、ゆるゆる楽しみながら登るならこのルートから取り付くのも良さそうでした。

 帰宅途中で旧富士見村の富士見温泉・見晴らしの湯(入湯料=500円)に寄り、いつものように汗を流すと一眠りしてから帰宅しました。

                                          ページの先頭に戻る

« 忍野八海 | トップページ | 庚申山(10.06.06) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/48435624

この記事へのトラックバック一覧です: 赤城 鍋割山・荒山(10.05.22):

« 忍野八海 | トップページ | 庚申山(10.06.06) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック