« 北横岳・三ツ岳(10.02.21) | トップページ | 子持山(10.04.11) »

2010年3月28日 (日)

ストック選びも難しい…

 自宅の事情などがあって、中々、山歩きに行けないのですが、少し時間が出来た分アチコチのネットショップで山道具を見ていたのですが、今年のグリーンシーズンに向けストックを新調することにしました。

 これまで2年ほど使って来たストックはPAINEのウルトラライトアルミカーボンで、ストックの素材がアルミとカーボンですから、1本212gと大変に軽いため取り回しは決して悪くないのですが、ちょっとだけ使い難いところがあるのです。

 このストックの長さ調整は一般的なもので、長さを調整するとポールを回して固定しますが、何かの拍子にストックに体重がかかった場合、ポールが縮むと事故になりかねませんので、縮まないように固く締めておきます。

 このタイプのストックも伸縮さえしなければ特に問題ありませんが、岩場歩きなどで両手を使う時は、ストックを縮めてザックに収納しますが、固く締めておくため直ぐに縮めることが出来ず、伸縮に手間取ってかなり時間をロスするのです。

 予め、岩場歩きのコースが多いと分かっていれば、少しポールが太く伸縮のしやすいLEKIのステッキを持って行きますが、長丁場のコースを歩く時などは、やはりダブルストックの方が疲れが少ないと言うものです。

 そこで今回、思い切って購入することにしたのは、ワンタッチで長さ調整の出来るブラックダイヤモンドのストック…、コントワーエリブティックカーボン(1本=268g)です。
100313001

 オールカーボン製のアルパインカーボンコルクも検討したのですが、コルク製のグリップなどにちょっと違和感があったため、1本あたり20gほど重くなりますが、こちらのストックに決めました。(もう直ぐ4月ですが新緑の季節までに山歩きデビューさせたいものです…)

(追記)

 2010年3月に購入してしばらく使ったコントワーエリブティックカーボンですが、グリップのすぐ下にザラザラしたヤスリのような部分があり、初めはグリップ感があって良いなぁ~と思っていましたが、使い込むと一般的なグリップの方が使いやすかったようです。

 その後もPAINEのウルトラライトアルミカーボンと使い分けていましたが、現在は2012年末に購入した同じブラックダイヤモンドのトレイルショックコンパクト(1本=282)がメインになっています。(現在、コントワーエリブティックカーボンは販売されていません…)

« 北横岳・三ツ岳(10.02.21) | トップページ | 子持山(10.04.11) »

山の道具」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/47936708

この記事へのトラックバック一覧です: ストック選びも難しい…:

« 北横岳・三ツ岳(10.02.21) | トップページ | 子持山(10.04.11) »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック