« 赤城 長七郎山・地蔵岳(09.12.13) | トップページ | 浅間 黒斑山(10.01.17) »

2010年1月 1日 (金)

榛名 水沢山(10.01.01)



① 2010年1月1日(金)天候:晴れ
② 榛名・水沢山:1194.4m
③ コースタイム(行動時間:3時間10分)
 水沢観音駐車場(04:50)===水沢山登山口(05:15)===お休み石(05:50)===12石仏の尾根(06:25~06:55)===お休み石(07:20)===水沢山登山口(07:50)===水沢観音駐車場(08:00)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、個人の体力差や季節・天候によりコースタイムも変わりますので、あくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(距離:3.53km、累積標高差:±662m)
100101000

 2010年の元旦登山ですが、昨年に引き続き、今年も榛名山の水沢山に登って初日の出を拝んで来ました。

 
年末・年始の天気予報によると年末は日本列島に強い寒気が流れ込むため、大みそかは日本海側を中心に大荒れになるとかで、榛名山が時々雪雲で覆われ自宅周辺でも時々雪が舞うような天気でした。

 その後
夕方になると強かった季節風が弱まり、天気予報も雲が少し残るものの初日の出が見られそう…となったため、予定通り出かけることにしました。

 登山口の水沢観音までは、早朝であれば車で30分ほどの距離のため、自宅を4時過ぎに出発しました。

 今年も初詣を兼ねた元日登山のため、少し早めに行って坂東16番の札所・水沢観音に一年間の無事を祈ってから登ることにしました。

 予定通り4時半頃に水沢観音の駐車場(マップコード:94 818 325)に到着すると、大きな駐車場には10数台の車が停まっており、参拝者用に作られた臨時の通路沿いに初詣客を目当てにした露天商のテントが並んでいました。
100101002

 すぐに山歩きの支度を整えると、先ずは水沢観音に参拝して一年間の無事を祈願するため、参道進んで本堂に向かいます。

 周囲は真っ暗で、本堂に向かう数人の初詣客を見かけましたが、今年は登山者の数が少ないように見えました。
100101003

 本堂前の境内に破魔矢やダルマなど正月用の縁起物を販売するテントが並び、本堂に五色や紅白の幕も張られて正月らしい雰囲気ですが、肝心の参拝客の方はチラホラと言った感じでした…。
100101004

 本堂右脇の六角堂の中に回転する六つの地蔵尊が祀られ、これを3回廻すと御利益があるとかで、一団の参拝客が説明書きを見ていました。
100101005

 水沢寺の本堂に参拝者用の回廊が造られ五色や紅白の幕が張られています。
100101006

 本堂の正面に大きな香炉が据えられており、堂内では元旦大護摩修行が行われているとのことで、拡声器(SP)から大きな音量で読経が流れていました。
100101007

 先ずは本堂前でお線香を焚くと、お賽銭を上げて今年一年の安全を祈りました。

 安全祈願が終わると飯綱大権現の赤い鳥居をくぐり、参道の階段を上がって飯綱大権現を通過して登山口に向かいます。
100101008

 今回は途中の万葉碑で迷うことなく登山道に進み、昨日の雪が所どころに残った急勾配の登山道を登ります。

 12月の山行は1回だけで終わり、忘年会で自宅周辺のトレーニングをサボっていたこともあって、身体が重くピッチが上がらないため後続の人たちに次々と抜かれます…coldsweats01

 それでも登山口からお休み石まで35分、12石仏の尾根まで70分で登り…、何とか日の出の前に目的地に到着することが出来ました。

 12石仏の尾根では2人の先着組が初日の出を待っており、南東側が思った以上に明るくなっていて、地平線上には少し雲が残っていました。
100101009

 南側の奥秩父の山並みの上に富士山が頭を覗かせており、手前の空に少し雲が残っていましたが、これだけ見えれば十分と言えるでしょう。
100101010

 地平線上の雲の手前に日本100名山の筑波山が双耳峰を見せています。
100101011

 6時45分…。大分明るくなって間もなく日の出の時間となります。
100101012

 地平線の向こうから光が射して、地平線上の雲の先端が赤く輝いています。
100101013

 年末・年始は大荒れ…と言う天気予報の関係でしょうか?、例年に比べ山頂に向かった登山者の数が少なかったようで、今年12石仏の尾根で初日の出を迎えたのは自分を含め4人だけでした…confident
100101014

 6時50分…。日の出の時刻ですが、未だ太陽が見えません。
100101015

 6時52分…。地平線上の雲の上に太陽が姿を現しました…happy01
100101016

 同じく6時52分…。太陽が姿を見せると、アッと言う間に明るくなります。
100101017

 同じく6時52分…。少しアップにして初日の出の雰囲気を出して見ました。
100101018

 太陽が上がると登山者が動き始めますが、自分も恒例の正月行事があって少し早めに帰ることにし、6時55分に下山を開始しました。

 何時でも行ける水沢山で今回は山頂をパスしましたが、1時間弱で駐車場に戻り2010年初めての山歩きを終了しました。

                                          ページの先頭に戻る

« 赤城 長七郎山・地蔵岳(09.12.13) | トップページ | 浅間 黒斑山(10.01.17) »

登山」カテゴリの記事

コメント

始めまして、ひまじんさん のブログいつも頻繁に楽しませて頂いております、住まいは日高町で小さな小さな建設業を営ませて頂いております59歳になるものです。(3月で60の大台に入りますが)山登りは1年弱の超初心者です、今まで群馬の山登り130選を
参考に約35座登りました、ひまじんさん のブログはご自宅からの時間・利用ルート等私のような初心者には大変に参考にさせて頂いております、これからも楽しませて頂きますのでいつまでもお元気で山行楽しんでブログ掲載宜しく御願い致します。

池野さん>
稚拙な山歩きのブログですが、ご覧をいただきましてありがとうございます。
私自身も団塊世代ですが、退職後の体力維持を考えて07年から山歩きを始めました。
山に登ること自体は大変苦しいことも多いと思いますが、山頂を踏んで素晴らしい景色を眺めた時の感激は、何物にも代えがたいものがあると思っています。
悪天候の時などには無理をせず、安全第一に山歩きを続けたいと思っていますので、今後ともよろしくお願いします。

ひまじんさん>
1日に赤城鍋割山へ4日に浅間隠山へアイゼン使用初
体験の山行に行ってきました、さらに9日と11日は
旧三国街道を永井宿より三国峠を目指しスノーシュー
初体験の峠歩きを楽しみました。(途中で雪の為ルート不明で挫折しました、スノーシュー装着しても40センチも沈みます)この様にオモチャを与えられた子供の様にウキウキ ワクワクです、笑って下さい。
ひまじんさんの今月2度目の山行予定は如何ですか?

池野さん>
ハイペースでの山歩きで誠にうらやましい限りです。
雪山は危ないのでは…と周囲の人たちが心配してくれるのですが、メジャーなルートで無理さえしなければ、夏山とは違った面白さがあると思っています。
新年会などが続いて中々更新ができませんが、私は17日に浅間山の黒斑山に行ってきました。
今月中にもう1回出かけたいと思っていますが、お天気と朝起きた時の気分次第でどうなりますことやら…confident

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/47175473

この記事へのトラックバック一覧です: 榛名 水沢山(10.01.01):

« 赤城 長七郎山・地蔵岳(09.12.13) | トップページ | 浅間 黒斑山(10.01.17) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック