« 草津白根山(09.07.05) | トップページ | 武尊山 藤原コース(09.08.16) »

2009年7月24日 (金)

尾瀬 至仏山(09.07.20)



① 2009年7月20日(月)天候:晴れ時々曇り
② 至仏山:2228.1m
③ コースタイム(行動時間:7時間50分)
 鳩待峠(06:40)===山ノ鼻(07:30)===上田代(08:05)===至仏山・山ノ鼻登山口(08:30)===中間点(10:05)===至仏山(11:40~12:20)===小至仏山(13:05)===オヤマ沢田代分岐(13:35)===原見石(13:50)===鳩待峠(14:30)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、個人の体力差や季節・天候によりコースタイムも変わりますので、あくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(GPS積算距離:14.82km、総上昇量:803m)
090720000

 海の日を中心とした3連休でしたが、当初は新潟方面の山歩きを予定していたのですが、残念ながら天気の方が芳しくなく次の機会にすることにしました。

 しかし地元の上毛新聞に尾瀬のニッコウキスゲが見頃になったと言う記事が載っていたこともあり、一番天気が良さそうな連休最終日に尾瀬方面に出かけることにしました。

 
今年のニッコウキスゲは4年振りの当たり年と言うことですが、見どころの大江湿原は先月末に行ったばかりのため、今回は鳩待峠から入って尾瀬ヶ原を歩くこととし、天気が回復すれば途中から折り返して至仏山に登ることにしました。

 今回の山歩きは鳩待峠のスタート時間を7時とし、自宅を4時過ぎに出発しました。
 3連休に加え学校が夏休みになったばかりとあって、途中の道路が混雑するのかなと思っていましたが、予想に反して走る車が少なく予定より早い時間に尾瀬戸倉の第1駐車場(マップコード:735 300 308)に到着しました。

 280台停められる大変広い第1駐車場(駐車料=1000円)ですが、流石にニッコウキスゲが見頃の季節で、満車に近い状態で奥の方に行かないと駐車が出来ませんでした。

 車を停めて支度をすると次々と出発する乗合タクシー(乗車券=片道900円)に乗り込み、大勢の登山者に混じって鳩待峠に向かいましたが、途中で見掛けた(250台収容の…)第2駐車場も8~9割の入りとなっていました。

 登山口の鳩待峠に6時半頃に到着しましたが、大変多くの人たちで普段以上の賑わいのようであり、登山口で尾瀬保護財団の係員(職員)でしょうか?、登山者に靴底に付着した雑草の種を落とすよう呼び掛けていました。
090720002

 山ノ鼻に向かって10分ほど下って行くと、左側に至仏山が見えて来ましたが、中腹から上にガスが掛かっており、せっかく山頂に登っても何も景色が見えない感じでした。
090720003

 山ノ鼻近くのテンマ沢湿原に(水芭蕉の実を食べに来る?…)クマ避けの鐘が付けられており、登山者は鐘を鳴らすよう注意書きが付いています。
090720004

 鳩待峠から50分ほどで山ノ鼻に到着しましたが、この日はビジターセンター前で入山者のアンケート調査を行っており、尾瀬ヶ原などに向かう人たちが一息入れていました。
090720005

 山ノ鼻に立っていた真新しいルート案内図で、このまま天気が悪いようであれば見晴(十字路)方面に向かって歩く予定ですが、天気が回復するようであれば牛首で折り返して2年振りに至仏山に登る予定です。
090720006

 牛首に向かって歩き始めましたが、木道周辺のニッコウキスゲは満開状態で、至仏山を振り返ると山頂に掛かっていたガスが晴れて来たようです。
090720007

 木道脇で見かけたキンコウカで周辺が黄色くなるほど群生していました。
090720008

 ピンク色の小さなトキソウを始め沢山の花が咲いていましたが、至仏山に登っても景色が楽しめそうな感じのため先を急ぐことにしました。
090720009

 湿原のアチコチにニッコウキスゲが群生し黄色い花を咲かせていました。
090720010

 牛首近くまで30分ほど歩いて来ましたが、至仏山に掛かっていたガスが完全に取れたようなため、この辺りで引き返すことにしました。
090720011

 燧ヶ岳に掛かるガスも大分薄くなり柴安嵓が見えてきました。
090720012

 急いで山ノ鼻まで引き返して来ましたが、雲がすっかり取れて日が射すほどの好天気になりました。(山ノ鼻周辺は登山者が一段と増えて大変賑やかになりました…)
090720013

 山ノ鼻の研究見本園にも大勢の人たちが訪れていました。
090720014

 研究見本園でニッコウキスゲの見事な群落を見かけました。
090720015

 至仏山登山口の手前から眺めた燧ヶ岳です。
090720016

 山ノ鼻の至仏山登山口に着きましたが、東面登山道は上り専用と表示されており、下山して来る登山者は見かけませんでした。
090720017

 登山口からしばらくの間は樹林帯の石の敷かれた登山道を登ります。
090720018

 40分ほどで森林限界を越えると尾瀬ヶ原の素晴らしい景色が広がりました。
090720019

 先ずは前方に見える高天原に向かって、高度差のある登山道を登って行きます。
090720020

 標高1800mにある中間点からの燧ヶ岳の展望で、前回至仏山に登った時より素晴らしい天気となったようです。
090720021

 一つ目のクサリ場はクサリを使わなくても登れる岩場です。
090720022

 二つ目のクサリ場は蛇紋岩が乾いていればそれほど滑ることはありません。
090720023

 高天原の手前は急登箇所となりますが、ここが胸突き八丁と言う感じでした。
090720024

 眼下に広大な尾瀬ヶ原と燧ヶ岳が見えており、何度眺めても見事なものと思いました。
090720025

 高天原まで登って来ればもう直ぐ山頂となりますが、残念なことに山頂方面に再びガスが湧いてきました。
090720026

 山ノ鼻登山口から3時間ほどで大勢の登山者が休んでいる山頂に到着しました。
090720027

 山頂に掛かったガスはその後も晴れることはなく、残念でしたが山頂からの景色を楽しむことは出来ませんでした。
090720028

 山頂から西側の麓に奈良俣ダムが見えました。
090720029

 山頂で食事を摂ってしばらく休憩すると、稜線を下って小至仏山に向かいますが、右奥に見える三角ピークが昨年登った笠ヶ岳となります。
090720030

 小至仏山の山頂から見える笠ヶ岳ですが、その左奥の雲の掛かったピークが武尊山となります。
090720031

 下る途中の休憩ベンチから小至仏山を振り返りましたが、鳩待峠から往復する人たちを沢山見かけました。
090720032

 綺麗な三角形をした笠ヶ岳のピークです。(右手前に小笠が見えます…)
090720033

 小至仏山から30分ほどで笠ヶ岳の分岐点で、笠ヶ岳まで片道2時間の行程となります。
090720034

 下る途中の原見岩から眺めた尾瀬ヶ原と燧ヶ岳ですが、午後になって少し霞が掛かってしまいました。
090720035

 原見岩から鳩待峠まで40分ほどで歩き、ほぼ予定通りのコースタイムで今回の山歩きを終了しました。

 天気予報が芳しくなくダメモトでコース設定しましたが、途中で予想以上に天気が回復したこともあり、素晴らしい景色を楽しめた尾瀬ハイクとなりました。

 帰り道の途中で尾瀬戸倉温泉・ホテル玉城屋(入浴料=700円)に寄り、汗を流し一休みしてから帰宅しました。

                                          ページの先頭に戻る

« 草津白根山(09.07.05) | トップページ | 武尊山 藤原コース(09.08.16) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/45724043

この記事へのトラックバック一覧です: 尾瀬 至仏山(09.07.20):

« 草津白根山(09.07.05) | トップページ | 武尊山 藤原コース(09.08.16) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック