« 尾瀬 燧ケ岳(09.06.27) | トップページ | 尾瀬 至仏山(09.07.20) »

2009年7月 6日 (月)

草津白根山(09.07.05)



① 2009年7月5日(日)天候:曇り時々晴れ
② 草津白根山:2150m
③ コースタイム(行動時間:4時間00分)
 草津白根駐車場(09:55)===弓池(10:00)===本白根登山口(10:20)===噴火口入口(10:40)===展望台分岐(10:50)===遊歩道最高地点(11:15~12:05)===展望台分岐(12:30)===本白根山展望台(12:40)===鏡池分岐(13:00)===富貴原ノ分岐(13:15)===本白根登山口(13:30)===草津白根駐車場(13:55)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、個人の体力差や季節・天候によりコースタイムも変わりますので、あくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(GPS積算距離:9.77km、総上昇量:309m)
090705000

 7月初めの週末でしたが予想以上に天気の崩れが少なく、朝起きて外を見ると薄日が射していたため、前々からこの季節に山歩きを予定していた草津白根山のコマクサを見に行くことにしました。

 
草津白根山はこれまで何度となく登った(山頂の湯釜を見に行った…)ことがありますが、コマクサが咲くと言う本白根山は今回が初めての挑戦となりました。

 
新・分県登山ガイド(群馬県の山)では、草津白根山の歩行時間3時間ほどの周回コースを紹介しており、朝、支度してから出かけても十分に間に合う計算のため、帰りは草津の湯に浸かって来ることにしました。

 本白根山の登山口となる草津白根山レストハウス(マップコード:341 499 132)は自宅から80kmほど、一般道に加え山道も走るため車で1時間半ほどの道程となります。

 自宅を7時半に出発すると途中のコンビニで食料を仕入れ、10時近くに草津白根駐車場(駐車料金=410円)に到着しました。

 広い駐車場ですが既に満車に近い状態になっており、トイレやレストハウス周辺は大勢の観光客で大変に賑やかでした。

 ほとんどの人たちは湯釜見学の観光客のようですが、それでも山歩きの準備をしている人たちもチラホラ見かけ、今日は賑やかな山歩きになるようでした。

 自分もすぐに支度をして歩き始めることにし、先ずは弓池から本白根山方面を眺めて見ましたが、天気は薄曇りのようで時々青空も見えて雨の心配はないようでした。
090705002

 国道脇から逢ノ峰のピークを越える登山道もありますが、登山道の整備工事で通行止めとなっており、逢ノ峰の裾を巻くように舗装道路を歩くことになります。

 駐車場から道路を歩いて弓池を回り込み、白根山の湯釜方面を振り返って見ました。
090705003

 現在は火山活動のため右奥の斜面に見える遊歩道が通行止めで、左側に見えるピークに向かって登山道が延びていました。

 逢ノ峰の巻き道の舗装道路を15分ほど歩くと、前方に本白根山の登山口となるスキー場が見えて来ます。
090705004

 本白根スキー場の夏山リフトが動いているため、リフトに乗って登る観光客などを見かけましたが、多くの人たちはリフトの右側に延びる登山道を歩くようでした。
090705005

 一般の観光客なども歩くためか、本白根山の登山道は良く整備されており、大変に歩きやすいファミリーなルートでした。
090705006

 途中で見掛けた道標にコースの距離などが表示され、歩行時間の大よその目安が分かりました。
090705007

 本白根山の登山口から歩いて20分ほど…、前方の視界が広がると噴火口跡(カラ釜)が見えて来ました。

 手前の斜面はコマクサの大群落となっており、大勢の人たちがコマクサの写真を撮っていました。

 カラ釜の向こう側に見える絶壁が本白根山展望台で、右奥の高いところが遊歩道の最高地点となります。
090705008

 斜面に咲いていたコマクサの大株ですが、ちょうど満開で見ごろになっていました。
090705009


 ほとんどのコマクサは赤い花ですが、ピンク色の花を付けたコマクサも見かけました。
090705010

 本白根山展望台の絶壁で右側の尾根を大勢の登山者が登っていました。
090705011

 カラ釜の反対側に回り込んでコマクサの斜面を振り返りました。(カラ釜が大きな噴火口であったことが分かります…)
090705012

 展望台の分岐点を通過して遊歩道の最高地点をアップしましたが、こちらにも大勢の人たちが登っているのが分かります。
090705013

 遊歩道の最高地点に向けて稜線に上がり、歩いて来た登山道を振り返りました。(古い噴火口の火口底に登山道が続いています…)
090705014

 駐車場から歩き始めて1時間15分で遊歩道の最高地点に到着しました。(現在はここが本白根山の山頂とされています…)
090705015


 遊歩道の最高地点から本白根山の山頂(2171m)がすぐ目の前ですが、火山性ガスなどで立入禁止となっており、現在は山頂に立つことは出来ません。

 本白根山の左側稜線の先に見えるにが横手山(=2307m)の山頂になります。
090705016


 今回は最高地点でユックリと昼食タイムを取り、50分ほど休んで下山を始めましたが、アチコチで咲いているコマクサの群落に足が止まります。
090705017

 花の形が馬の顔に似ていることからコマクサ(駒草)となったようですが、確かに顔の長い馬の顔に似ていると言えば似ています。
090705018

 遊歩道の南側斜面のコマクサ群落と草津温泉の街並み遠望です。
090705019

 本白根山展望台の分岐点まで戻りましたが、まだ時間も早いため山頂ピストンの予定を変更して、鏡池に回って見ることにしました。
090705020

 本白根山展望台への登山道は、距離は短いものの急登の階段歩きでした。
090705021

 展望台の途中からカラ釜を見降ろすと、下が絶壁で大変な高度感がありました。(背後に見えているピークは横手山の山頂です…)
090705022


 展望台から遊歩道最高地点を振り返って見ましたが、登山道が左から大きく回り込んでいるのが分かります。
090705023

 展望台で見かけたコマクサの群落で、これがコマクサの見納めとなりました。

090705024

 本白根山展望台から15分ほど歩くと鏡池が見えて来ました。(湖畔の人から推定すると鏡池の直径は5~60mほどでしょうか?…)
090705025

 鏡池に近寄れば亀甲模様が見られるそうですが、今回は鏡池分岐点から写真を撮って下山することにしました。
090705026

 さらに富貴原ノ池の分岐点に向けて、表面が刻まれた歩きやすい木道を下ります。
090705027

 富貴原ノ池分岐からロープウェー山頂駅=本白根スキー場まで戻り、その後は舗装道路を歩いて駐車場に戻ります。
090705028

 登山道の脇で見掛けたゴゼンタチバナでアチコチで沢山咲いていました。
090705029

 同じくマイズルソウですが、中々姿形の良い花が見当たらず、上手く写真が撮れないのが残念でした。
090705030


 花の盛りを過ぎて咲き残ったコイワカガミを見かけました。
090705031


 同じくイワハゼ(別名:アカモノ)の小さな花ですが、花の写真を撮るためにはマクロレンズが必要でしょうか?…。
090705032


 今回はアチコチ道草をしながら歩いたため、標準のコースタイムより大分時間がかかりましたが、心配した天気の崩れ=山頂に湧くガスもなく、総行動時間4時間で今回の山歩きを終了しました。

 帰り道の途中では予定通り天狗山スキー場下の「ベルツ温泉センター」に寄り、展望風呂で汗を流し一休みしてから帰宅しました。(ベルツ温泉センターは閉館しました…)

                                          ページの先頭に戻る

« 尾瀬 燧ケ岳(09.06.27) | トップページ | 尾瀬 至仏山(09.07.20) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/45558561

この記事へのトラックバック一覧です: 草津白根山(09.07.05):

« 尾瀬 燧ケ岳(09.06.27) | トップページ | 尾瀬 至仏山(09.07.20) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック