« 上越国境 稲包山(09.06.12) | トップページ | 尾瀬 燧ケ岳(09.06.27) »

2009年6月21日 (日)

南八ッ 権現岳(09.06.20)



① 2009年6月20日(土)天候:晴れ
② 権現岳:2715m
③ コースタイム(行動時間:8時間40分)
 天女山駐車場(05:55)===天の河原(06:10)===標高2000m石柱(07:30)===前三ツ頭(08:30~08:45)===三ツ頭(09:40~50)===権現岳山頂(10:50~11:40)===三ツ頭(12:30)====前三ツ頭(12:55)===標高2000m石柱(13:30)===天の河原(14:25)===天女山駐車場(14:35)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、個人の体力差や季節・天候によりコースタイムも変わりますので、あくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(GPS積算距離:12.38km、総上昇量:1187m)
090620000

 梅雨の晴れ間を見計らって南八ヶ岳の権現岳に登って来ました。

 
当初の予定は標高差のある長丁場のコースとして、尾瀬の大清水から燧ヶ岳を考えていましたが、週末の天気予報を見ると尾瀬方面は曇りの予報となっており、関東地方より長野方面の方が天気が良さそうなため、初めての南八ヶ岳のピークとして権現岳に挑戦することにしました。

 
山と高原地図(No32=八ヶ岳)やヤマケイJOY(2008秋号)などを参考に、群馬側に近い天女山駐車場から取り付くことにし、登り4時間45分、下り3時間35分で総行程8時間50分ほどのコースタイムを見込みました。

 登山口となる天女山駐車場(マップコード:359 003 213)までは上信越道などを走って約120km、早朝であれば2時間半ほどで到着します。

 今回は自宅を3時過ぎに出発し、ほぼ予定通りに走って天女山駐車場には5時40分頃に到着しました。

 途中の野辺山高原から山頂が見えていましたが、天女山駐車場に着いて見ると周囲は霧がかかっていて、少し高度を上げないと視界は開けないようでした。

 広い駐車場に車が2台停まっており、駐車場の真ん中で若い15人ほどのグループが準備体操を行っていました。

 自分もすぐに支度をすると、登山口の写真を撮ってから歩き始めることにし、登山口近くの登山ポストに登山届を投函して歩き始めました。
090620002

 登山口からカラマツ林の登山道を10分ほど歩くと、やがて天ノ河原の分岐点に到着しましたが、霧がかかって景色は見えません。(下山時に金峰山が見えました…)
090620003

 天ノ河原の道標に従って緩やかな登山道を歩いて行きますが、所どころ樹林帯が切れて砂礫地のような登山道を歩きます。
090620004

 1時間ほどで歩くと雲から抜け出したようで、周囲が明るくなって日が射し始めました。
090620005

 ガイドブックで紹介されていますが、登山道横に標高100m毎の石柱が立っており、丁度良い目印となっていました。(これは標高1900mの石柱ですが、1700m~2300mの間で石柱を見かけました…)
090620006

 標高1800mを通過すると傾斜が段々きつくなり、標高2000mの石柱辺りから胸突き八丁のような急登となりました。
090620007

 急登の途中で見かけた小さな道標に励まされました。
090620008

 歩き始めて2時間ほどで樹林帯を抜け出し、先ほどの白い看板に書かれていたように、前方に前三ツ頭が見えて来ましたが、今日は素晴らしい天気のようです。
090620009

 左側の雲海上に北岳や甲斐駒ケ岳が見えました。
090620010

 ほぼ予定通り登山口から2時間半ほどで前三ツ頭(2364.4m)に到着すると、軽い食事を取って一休みすることにしました。(前方に見えるのが三ツ頭のピークです…)
090620011

 南側の雲海上に聳えているのが南アルプスの山々で、左側から鳳凰三山~北岳~甲斐駒ケ岳~仙丈ヶ岳となります。
090620012

 南東側に先日降った雪を被った富士山が見えました。
090620013

 前三ツ頭で一休みすると三ツ頭に向かって歩き始めましたが、景色の良い稜線歩きは直ぐに終わり、ダケカンバなどの樹林帯の登山道をしばらく登ります。
090620014

 やがて樹林帯を抜け出すと編笠岳が見えてきましたが、ギボシとの鞍部に青い屋根の青年小屋が見え、鞍部の間から見えているピークが西岳のようです。
090620015

 三ツ頭の山頂手前にある前三ツ頭分岐ですが、健脚ならここから左に下るルートを使って観音平~編笠岳~権現岳~三ツ頭~観音平のコースを日帰り出来るようです。
090620016

 森林限界を抜けて三ツ頭(2580m)に到着すると、権現岳の鋭い岩峰のピークが聳えていました。
090620017

 北側に見えた主峰・赤岳で大変な迫力がありました。
090620018

 前三ツ頭分岐の上に富士山が見えていました。
090620019

 南側の雲海上に見える北岳~甲斐駒ケ岳~仙丈ヶ岳で、朝方に比べ大分雲が取れて来ましたが、下界はまだ霞んでいました。
090620020

 三ツ頭でしばらく休憩すると稜線を進んで権現岳に向かいましたが、甲斐大泉方面から三ツ頭に登って来た人たちなのか、三ツ頭辺りから登山者の数が増えました。
090620021

 三ツ頭の稜線からギボシ~権現岳~阿弥陀岳~中岳~赤岳が見渡せました。
090620022

 権現岳に向かう登山道は一度鞍部に下って尾根沿いを登り返します。(尾根の途中に2人の登山者が見えました…)
090620023

 鞍部から登り返す途中で三ツ頭を振り返って見ると、三ツ頭のすぐ上に富士山が見えていました。
090620024

 稜線上の小ピークを左に巻くと、山頂直下の岩峰が見えてきました。(登山道は岩峰の下を左に巻くと、左肩付近から7mほどのクサリを使って登りました…)
090620025

 クサリ場を上がると前方に山頂が見え、山頂に3人の登山者が見えました。
090620026

 山頂岩峰の東側に檜峰神社の石祠がありました。
090620027

 山頂岩峰と直下に山梨百名山の標柱が立っていました。
090620028

 登山口から4時間50分…、ほぼ予定の時間で権現岳の山頂に到着しました。(山頂標識や鉄製の鉾は大分古そうなものでした…)
090620029

 山頂から稜線越しに見えた赤岳で、その左奥に横岳の大同心や小同心の岩峰、その先に山頂の平らな硫黄岳が見えました。
090620030

 山頂岩峰は狭く傾斜が強いため、山頂を降りると権現小屋方面に少し進み、分岐道標の立っている稜線で昼食タイムを取ることにしました。
090620031

 山頂東側が切れ落ちた絶壁となっており、左下に見えるのが三ツ頭のピーク、その向こうに遠く霞んだ富士山が見えました。
090620032

 分岐直下の権現小屋とギボシからノロシバに続く登山道で、左下の鞍部に青い屋根の青年小屋、編笠岳の先に中央アルプスの山並みが見えました。
090620033

 山頂近くで見かけたハクサンイチゲの花…。
090620034

 同じく山頂近くで見かけたミヤマキンバイの花…。
090620035

 この他に行き帰りの道中でイワカガミやサラサドウダンなど幾つか花を見かけましたが、中々落ち着いて写真を撮ることは出来ませんでした。

 山頂で景色を見ながら50分ほど休憩し、食事を摂って下山を開始しましたが、帰りは気分が軽くなったせいか順調に足が進み、山頂から3時間弱で天女山駐車場に下山すると、全行程8時間40分で今回の山歩きを終えました。

 家に帰る途中で南相木村の滝見の湯(入湯料350円)に寄ることにし、汗を流し一休みしてから帰宅しました。

                                          ページの先頭に戻る

« 上越国境 稲包山(09.06.12) | トップページ | 尾瀬 燧ケ岳(09.06.27) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/45409024

この記事へのトラックバック一覧です: 南八ッ 権現岳(09.06.20):

« 上越国境 稲包山(09.06.12) | トップページ | 尾瀬 燧ケ岳(09.06.27) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック