« 鼻曲山(09.05.09) | トップページ | 南八ッ 権現岳(09.06.20) »

2009年6月13日 (土)

上越国境 稲包山(09.06.12)



① 2009年6月12日(金)天候:晴れ
② 稲包山:1597.7m
③ コースタイム(行動時間:9時間10分)
 上越橋登山口(05:30)===三国峠(06:05)===長倉山(06:45)===1447ピーク(07:20)===キワノ平ノ頭(07:55)===コベックラ沢分岐(08:30)===稲包山山頂(09:45~10:45)===コベックラ沢分岐(11:45)===キワノ平ノ頭(12:20)===1447ピーク(12:50)===長倉山(13:45)===三国峠(14:10)===上越橋登山口(14:40)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、個人の体力差や季節・天候によりコースタイムも変わりますので、あくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(GPS積算距離:14.03km、総上昇量:1198m)
090612000

 前回以降、週末の天気が芳しくなく、週末にかかる仕事などもあって、ここ一ヶ月ほど山歩きから遠ざかっていましたが、関東地方も梅雨に入りこの週末も天気には恵まれそうにないため、思い切って好天の平日に休みを取り久しぶりの山歩きに出かけました。

 今回は夏場のトレーニングを兼ねて長丁場を歩くことにし、上越国境の稲包山を三国峠からピストンすることにしました。

 山と高原地図(No16=谷川岳)で三国峠~稲包山のコースタイムが登り3時間50分…、下り3時間10分となっており、登山口からの行程を入れて歩行時間が約8時間、途中の休憩などを見込んで往復9時間ほどのコースタイムを見込みました。

 登山口となる三国トンネルは関越高速を走って70kmほどであり、1時間ちょっとで到着するため、自宅を4時過ぎに出発すると途中のコンビニで食料を到達…、昨年の三国山の時と同じ三国トンネル手前の駐車場(マップコード:554 309 801)に5時過ぎに到着しました。

 すぐに支度をするとトンネル入り口の登山口に向かいましたが、上越大橋手前の管理事務所は通信業者が工事を行っており、駐車場に2~3台しか停められないようでした。

 上越大橋は道幅も狭く歩道もありませんが、関越道が抜けてからは日中でも数える程度しか車が走っていないため、橋を渡る時も特に危険な感じはありません。

 登山道はトンネル手前から右側に延びており、中部北陸自然歩道の白い案内道標が目印となります。
090612002

 登山口から歩き始めて20分ほどで三国山の稜線が見えて来ます。
090612003

 さらに10分ほど歩くと旧三国街道に突き当たり、分岐点から左手に進んで5分ほど歩くと三国峠に到着します。
090612004

 三国峠のベンチで一息を入れると案内道標に従って左手に登ります。
090612005

 この時期は花の少ないようですが三国峠近くで赤いタニウツギの花を見かけました。
090612006

 三国峠から5分ほど歩いて左右の展望が開けると、新潟県側の苗場スキー場の先に雪を残した苗場山が見えました。
090612007

 やがて登山道は樹林帯に入り背の高さ位のササ藪を掻き分けて進みましたが、朝露のために手足が濡れてしまい、こんな藪こぎが続くようなら途中で帰ろうと思ったほどでした。(写真は下山時のもの…)
090612008

 それでも藪こぎをしながら10分ほど登ると稜線となり、やがて前方に1420ピークが見えて来ました。
090612009

 稜線のピークに立つと展望が開け、山腹に延びる国道17号線が見え、その先に赤城山~子持山~小野子山と十二ヶ岳などの山々が見えました。
090612010

 東側の中央右側に見えるのが吾妻耶山のようで、その先の三角ピークが皇海山、左側の稜線の先が武尊山のようです。
090612011

 北東側は三国山で山頂手前まで延びる登山道が見えました。
090612012

 西側に延びる稜線の先に長倉山の1437ピークが近づきました。
090612013

 所どころでウラジロヨウラクの小さな花を見かけました…。
090612014

 三国峠から約40分で長倉山の山頂ですが周囲は灌木で景色は見えません。
090612015

 長倉山から少し進むと西側が開け、これから歩く国境稜線が見えて来ました。(右側のピークがキワノ平ノ頭のようで、左側に見える稲包山に向かって稜線を歩きますが、ずい分遠いなぁ~と言う感じでした…coldsweats01 )
090612016

 登山道脇にひっそり咲いていたゴゼンタチバナの白い花です。
090612017

 送電鉄塔の立っている鞍部まで80mほど下ると、1447ピークに向かって100mほど登り返します。
090612018

 長倉山から30分ほどで1447ピークに到着すると展望が広がり、北側に見える苗場山の形が大分違って見えました。
090612019

 登山道は稜線上に続いており、アップダウンしながら先に進みます。(目の前のピークはキワノ平ノ頭ですが、その先の稲包山が少し近づいていました…)
090612020

 日陰で咲いていたマイズルソウの花で、この株は葉の緑がくすんでいました。
090612021

 1437ピークから歩いて来た縦走ルートを振り返ると、平標山~仙ノ倉山~大源太山~1597ピーク~三国山が見えました。
090612022

 豪雪の関係なのかキワノ平ノ頭の南斜面に灌木がありません。
090612023

 標準コースタイムより少し早く三国峠から1時間50分ほどでキワノ平ノ頭に着きました。
090612024

 キワノ平ノ頭で10分ほど休憩すると稲包山を眺めながら軽い食事を摂りました。
090612025

 キワノ平ノ頭から10分ほど進むと稲包山の右側に小稲包山が見えました。
090612026

 キワノ平ノ頭から少し下ると再び送電鉄塔の鞍部となり、ここを通過すると直ぐに稲包山に到着するように見えましたが、ここからの時間がずい分とかかりました。
090612027

 送電鉄塔下にあったコベックラ沢の分岐点で、東電の巡視路が三国スキー場側に延びているようですが、一般登山者は進入禁止となっていました。
090612028

 送電鉄塔の鞍部から50分ほど歩いて1461ピークを越えると稲包山の山頂が直ぐ目の前となりました。
090612029

 山頂手前の稜線で見かけたイワカガミですが花の盛りは過ぎた感じでした。
090612030

 山頂手前から仙ノ倉山~谷川岳方面で右側の最奥に至仏山が見えました。
090612031

 三国峠から3時間半、登山口から4時間10分で稲包山の山頂に到着しました。
090612032

 山頂から360度の展望が広がり、北東側に仙ノ倉山~谷川岳の山並みが見え、東側に至仏山~笠ヶ岳~武尊山~日光白根山~皇海山~赤城山などの山々が見えました。
090612033

 南側はやや霞んでいるものの榛名山と浅間山が確認できました。
090612034

 西側に白砂山に続く国境稜線が延びており、最奥に聳えるのが200名山の佐武流山のようですが、この辺りのピークは定かではありません。
090612035

 直ぐ後から登って来た小千谷の登山者が、旧三国スキー場から1時間半ほどで登れたと話していましたが、新・分県登山ガイドでも往復5時間10分のコースと紹介しており、次からはそちらから登るのが良いのかも知れません。

 山頂で景色を眺めながら昼食を摂り、1時間ほど休んでから下山を始めましたが、暑さのためか予想以上に時間がかかり、往路と同じく4時間ほどで登山口に到着しました。

 家に帰る途中で猿ヶ京温泉の「まんてん星の湯」に寄ると、汗を流し一休みしてから帰宅しました。

                                          ページの先頭に戻る

« 鼻曲山(09.05.09) | トップページ | 南八ッ 権現岳(09.06.20) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/45330976

この記事へのトラックバック一覧です: 上越国境 稲包山(09.06.12):

« 鼻曲山(09.05.09) | トップページ | 南八ッ 権現岳(09.06.20) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック