« 西上州 大ナゲシ・赤岩岳(09.05.02) | トップページ | 上越国境 稲包山(09.06.12) »

2009年5月10日 (日)

鼻曲山(09.05.09)



① 2009年5月9日(土)天候:晴れ
② 鼻曲山:1654m
③ コースタイム(行動時間:5時間15分)
 霧積館駐車場(07:00)===鼻曲山登山口(07:20)===十六曲峠分岐(07:50)===霧積覗き(08:05)===鼻曲峠分岐(09:15)===鼻曲山山頂(09:35~10:25)===鼻曲峠分岐(10:35)===霧積覗き(11:30)===十六曲峠分岐(11:45)===鼻曲山登山口(12:00)===霧積館駐車場(12:15)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、個人の体力差や季節・天候によりコースタイムも変わりますので、あくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(GPS積算距離:10.13km、総上昇量:794m)
090509000

 春先の予定は今年の5月連休は、丹沢山と大菩薩嶺に行こうと計画しましたが、その後、行き帰りの高速道路が1000円割引により大変な渋滞が予想されたこと、また、連休後半の天気予報が思わしくないこともあって、結局2日に大ナゲシに行っただけで連休が終わってしまいました。

 
今週は土・日とも天気が良さそうで絶好の登山日和となりましたが、日曜日に埼玉で祝い事があり余り遠出する訳にも行かないため、群馬~長野県境の鼻曲山に2年振りで登ることにしました。

 鼻曲山の登山口となる霧積温泉までは車で約1時間半余り、自宅を5時半に出発すると途中のコンビニで食料を準備し、霧積館前の駐車場(マップコード:292 831 575)に7時少し前に到着しました。

 前回の鼻曲山はゴールデンウィークの真ん中で、30台ほど停められる駐車場がほぼ満車でしたが、今回は金湯館の軽トラの他に1台が停まっているだけでした。

 軽トラの隣りに車を停めると、すぐに支度をして歩き始めることにしましたが、2回目でコースの状況が分かることもあり、気持ちの上でも余裕を持てる感じでした。

 懐かしいレトロな感じの霧積館(霧積館は閉館して取り壊されました…)ですが、前回は気が付かなかったのですが、水車の右側に案内導標が立っており、碓氷峠の熊野神社に向かう登山道が延びていました。
090509002

 駐車場の最奥から鼻曲山の登山道が延びていましたが、登山口の直ぐ右脇に幸田露伴の詩碑が建てられていました。(これも前回は気が付きませんでした…)
090509003

 歩き始めると直ぐに霧積川を渡り、ホイホイ坂を登って金湯館の林道に上がります。
090509004

 2年前とほぼ同じ季節の山歩きですが、前回に比べ新緑が濃くなっている感じです。
090509005

 登山口からホイホイ坂を歩いて約20分、金湯館に向かう林道を横切って進みます。
090509006

 昔から歩かれている登山道で土が流れて深いV字型になっていました。
090509007

 林道分岐からV字型の登山道が続きますが、やがて十六曲峠から続く尾根沿いの登山道となります。
090509008

 登山道脇に山と高原地図にあった馬頭観音の石碑があり、刻まれた碑文を見ると大正3年に建立されたようです。
090509009

 歩き始めて50分ほどで十六曲峠分岐に到着しますが、ここを右手に進むと1時間ほどで剣ノ峰に登れるようです。
090509010

 分岐点から左に進むと鼻曲山方面で、少し歩いて小ピークの北側を巻くと、尾根沿いの明るい登山道となりました。
090509011

 十六曲峠分岐から15分ほどで霧積覗きのヤセ尾根となりますが、肉眼では金湯館の赤い屋根が見えますが、写真では上手く写らないようです。(谷間の先に裏妙義の岩峰が見えました…)
090509012

 前回も霧積覗きの先で登山道の一部が崩れていましたが、今回はトラバース状の登山道が通行止めとなっており、1316ピークを越える新しい登山道が作られていました。
090509013


 通行止めの反対側から登山道を戻って見ましたが、登山道がソックリ崩落して整備しようがない状態でした。
090509014

 登山道は東西方向に延びる尾根沿いに付いていますが、尾根の北側を歩く時に鼻曲山の岩稜が見えて来ます。
090509015

 標高が上がるとカラマツが目立ちますが芽吹きはこれからのようでした。
090509016

 十六曲峠分岐から約1時間で天狗坂の急登になりましたが、右側に見える岩稜の山頂が大分近付いていました。
090509017


 ガイドブックで紹介されるロープの付いた場所は一ヶ所だけで、このロープの先が切れ落ちた岩場となっていましたが、それほど難しいルートではありません。
090509018


 ロープを越えてからさらに10分ほど、足場の悪い急登の稜線を登ります。
090509019


 登山口から歩き始めて2時間10分、県境尾根の鼻曲峠に到着しました。
090509020


 鼻曲峠の分岐点を右折すると、緩やかな県境尾根をしばらく歩きます。
090509021


 やがて右側の展望が開けると角落山や榛名山などが見えて来ました。
090509022


 稜線上の小ピークを左に巻くと右側の切れた山頂が見えて来ました。
090509023


 山頂直下は急登になっておりササ藪の中に荒れた登山道が続いています。
090509024


 登山口から2時間半ほどで鼻曲山の大天狗のピークに到着しました。
090509025


 今日は時間が早かったこともあるのか、大天狗には誰も登っていないようでした。(大天狗からは南東側の展望が開けていますが、春霞がかかって遠望が難しい状況のようで、ギザギザした妙義山のピークが墨絵のように見えました…)
090509026

 大天狗で5分ほど景色を眺めてから小天狗に向かいましたが、大天狗から歩いて直ぐに小天狗の山頂に到着し、山頂の西側正面に残雪の少ない浅間山が聳えていました。
090509027


 小天狗からの展望は東側を除いて広がっており、浅間山の南側に白い雪を被った蓼科山と八ヶ岳が見えました。
090509028

 山頂南側に春霞のかかった金峰山と甲武信ヶ岳が確認できました。
090509029


 山頂北側に浅間隠山が見え、その先に上越国境の白い山並みが見えました。
090509030


 浅間隠山の左側に平らな山頂の苗場山が見えました。
090509031


 浅間隠山の右側は谷川連峰となりますが、春霞がかかってピークが確認できません。
090509032

 鼻曲山の山頂で景色を眺めながら昼食タイムとしましたが、しばらく休んでいると長野県側の長日向から2人連れ、さらに霧積側からは3人の登山者が登って来たこともあり、道具を片付けて山頂を後にすることにしました。

 下山する途中でさらに2人の登山者を見かけましたが、連休直後の休日で出かける人が少ないのか、意外に登山者の少ない静かな山歩きが楽しめました。

 今回は下山後の霧積館の日帰り入浴を見送り、来る途中で看板を見かけた「碓氷峠の森交流館 峠の湯(入湯料=500円)」に立ち寄り、汗を流してから帰宅しました。

 なお5月の第2日曜日は旧中山道で安政の遠足 侍マラソンが行われるため、峠の湯ではイベントの準備をしており、沿道のアチコチで侍マラソンのノボリ旗を見かけました。

                                           ページの先頭に戻る

« 西上州 大ナゲシ・赤岩岳(09.05.02) | トップページ | 上越国境 稲包山(09.06.12) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/44962645

この記事へのトラックバック一覧です: 鼻曲山(09.05.09):

« 西上州 大ナゲシ・赤岩岳(09.05.02) | トップページ | 上越国境 稲包山(09.06.12) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック