« 西上州 三ツ岩岳(09.04.18) | トップページ | 鼻曲山(09.05.09) »

2009年5月 3日 (日)

西上州 大ナゲシ・赤岩岳(09.05.02)



① 2009年5月2日(土)天候:晴れsun
② 大ナゲシ:1532m、赤岩岳:1570m
③ コースタイム(行動時間:8時間25分)
 赤岩橋登山口(06:05)===丸木橋(06:40)===水場(07:35)===雨量計跡(07:55)===赤岩峠(08:15~8:20)===大ナゲシ(09:15~10:20)===赤岩峠(11:10)===赤岩岳(11:45~12:20)===赤岩峠(12:45)===雨量計跡(13:00)===水場(13:15)===丸木橋(13:55)===赤岩橋登山口(14:30)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、個人の体力差や季節・天候によりコースタイムも変わりますので、あくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(GPS積算距離:8.01km、総上昇量:1143m)
090502000
※沢沿いのルートためGPSデータのロストにより軌跡におかしなところがあります…

 5月連休の初日、2週間ぶりの山歩きは、新・分県登山ガイドで「新緑・紅葉のころに訪れたい展望の山」と紹介される大ナゲシに行って来ました。

 
3回続いて西上州の山となりましたが、連休2~3日目の天気予報が芳しくなく、また高速道路の1000円割引の渋滞を考えると余りと遠出は難しく、前々から計画していた西上州の奇峰と言われる大ナゲシに挑戦することにしました。

 
帰宅してから夕方のTVニュースを見ましたが、今回遠出を諦めたのは正解だったようで高速道路の渋滞名所は午前3時になっても大渋滞だったようで、あの様子では現地に到着する前に疲れていました。

 大ナゲシは群馬~埼玉県境の山で、群馬側の登山口は群馬県の上野村になりますが、上野村は一昨年の諏訪山以来であり、自宅近くの前橋ICから高速に乗ると下仁田IC~南牧村~湯の沢トンネルと走って1時間半ほどで到着します。

 当日は計画通りに自宅を午前4時半に出発し、上野村の国道299号線沿いの「国民宿舎・ヴィラせせらぎ」横の交差点から野栗沢方面に向かいます。

 野栗沢に沿った道幅の狭い村道をしばらく走り、関東百名山の帳付山登山口となる奥名郷に向かう村道を右に分けて胡桃平に向かい、小さな集落を抜けて林道を少し走ると赤岩橋の登山口(マップコード:534 786 267)に到着しました。

 まだ時間が早かったためか駐車している車はなく、林道ゲート前に車を停めることが出来ました。(林道ゲート前の駐車スペースは2~3台分で、赤岩橋を渡った先にも何台か停められるようでした。)

 道路脇のガードレールに「赤ナゲシ・赤岩峠」と書かれた小さな看板があり、赤岩沢の先にこれから向かう大ナゲシ方面の岩峰が見えました。
090502002

 すぐに支度をするとゲート横を抜けて歩き始めましたが、10分ほど歩くと林道が終了して登山道が始まりました。
090502003

 高さ3~4mほどの崖を登って登山道に進むと新緑の素晴らしいルートでした。
090502004

 赤岩沢左岸の登山道を10分ほど歩くと渡渉点になりましたが、この後も赤岩沢を左右に渡りながら登って行きました。
090502005

 登山口から30分ほどでパイプ製の橋を渡りますが、群馬の山歩き130選によると平成16年に新しく付け替えられたようでした。(新・分県登山ガイドは丸木橋となっていました…)
090502006

 さらに5分ほど歩くと本流を離れ、左側の水の涸れた枝沢に入って行きます。

 GPSの地形図や新・分県登山ガイドを見ると、本流沿いに登山道が続いていましたが、赤ペンキや踏み跡は涸れ沢に向かっていました。

 自宅に帰って群馬の山歩き130選を見ると、コース概念図は涸れ沢を歩くよう紹介されており、流石は地元の上毛新聞が作ったガイドブックと思いました…confident
090502007

 コースのアチコチに赤ペンキのマーカーが付いており、余程のことがない限り道迷いの心配はなさそうです。
090502008

 涸れ沢沿いのルートから尾根沿いの登山道になりましたが、稜線の先の木々の間から大ナゲシのピークが見えてきました。
090502009

 稜線上の大きな岩稜は基部を右側に巻きましたが、岩陰でヒカゲツツジがひっそり咲いていました。(所どころでピンク色のアカヤシオを見かけました…)
090502010

 枝尾根を越えると再び沢沿いの登山道を進みましたが、前方に赤岩岳の岩峰が見えてきました。
090502011

 登山口から1時間半ほどで水場の沢を離れ、右上の稜線に向かって登って行きます。
090502012

 水場の沢からは九十九折れの急登となり、20分ほど登ると赤岩峠自記雨量計の稜線に飛び出ました。(古びた看板が残っています…)
090502013

 雨量計跡からは巻き道のような緩やかな登山道となり、最後に2~3度折り返すと登山口から2時間10分で赤岩峠に到着しました。

 赤岩峠に到着すると小さな石祠があり、標識の右上に大ナゲシの岩峰が見えました。
090502014

 赤岩峠でしばらく休憩すると、南側に延びる県境尾根を大ナゲシに向かいますが、登る途中の左側にギザギザピークの両神山が見えました。
090502015

 50mほどの岩稜を登ると明るい尾根道となり、登山道の周囲がアセビの群生地でした。
090502016

 県境尾根の1490ピークを右に巻くと大ナゲシに続く尾根となり、何度かアップダウンして進むと、赤岩峠から40分ほどで大ナゲシの取り付き点となりました。
090502017

 岩場の2ヶ所に真新しいロープが付けられており、慎重に登って30mほどの岩場を通過しました。
090502018

 やがて山頂直下の岩稜となりましたが、ここにはロープがないようで岩場に付いたペンキマークに従って、先ずは中央に見えるヒノキの右側に向かって登ります。
090502019

 ホールドのしっかりした岩場を慎重に登り、テラス状の中間点から取り付き点を見下ろしましたが、下る時の方が嫌らしい感じでした。
090502020

 テラス状の岩場からもう一段4~5mのクサリで登りました。
090502021

 岩場を通過すると直ぐに大ナゲシ山頂で登山口から3時間10分で到着しました。

 ガイドブックで紹介されていたように周囲360度の展望が広がっていましたが、山頂は余り広くなく小さな山頂標識の横でアカヤシオが咲いていました。
090502022

 山頂の南東側に赤岩峠が見え、その左隣にそそり立つのが赤岩岳、赤岩岳の左奥に見えるのが両神山になります。
090502023

 南西側に見える山腹の林道の上に聳えるピークが宗四郎山、手前のヒノキの先に見えるのが帳付山のようですが、それぞれ似たようなピークが並んでいるため、一度この周辺の山に登らないと良く分からないところがあります。
090502024

 西側最奥の白いピークが八ヶ岳で、その右手前が御座山と思われました。
090502025

 中央最奥の三つのピークの真ん中が甲武信ヶ岳、その右側が金峰山と思われました。
090502026

 今日は朝が早かったこともありアカヤシオの咲いた山頂で、周囲の景色を眺めながら1時間ほど食事休憩としました。

 昼食タイムを終えると山頂から下り始めましたが、まだ10時半前でこのまま下山するには時間も早く、向こうに見える赤岩岳に登ることにしました。
090502027

 赤岩峠の手前に戻って赤岩岳を見ると、その厳しい山容が窺えますが、山地図を見ると登山道は岩峰基部を左に巻いており、左側の中腹に見える鞍部から取り付くようでした。
090502028

 赤岩峠を通過すると基部を巻いて急登を進みますが、取り付き点にロープが付いていないため、ペンキマークに従って慎重に登ります。

 やがて岩尾根に立つと北西側の展望が広がり、直ぐ目の前に大ナゲシの岩峰が聳えていました。
090502029

 岩尾根を通過すると樹林帯の登山道となり、展望のない登山道を20分ほど登ると赤岩岳に到着しました。
090502030

 山頂の南側に小倉沢の集落が見え、遥か遠くに見えるのが雲取山と思われました。
090502031

 小倉沢登山口から赤岩峠までは1時間ほどで登れるようで、今日行き会った登山者の多くは小倉沢から入山したようでした。

 山頂周辺はアカヤシオの花が見頃になっており、山頂の北側斜面に咲き始めたアカヤシオが沢山見られました。
090502032

 アカヤシオのアップですが、一つの枝に一つの花しか咲かないため、南牧村ではヒトツバナと呼ばれているようです。
090502033

 山頂で行き会った女性の単独登山者によると、東側に行くと展望が良いと教えられ、しばらく進むと東側の展望が開け、すぐ近くに両神山の岩稜が見えました。
090502034

 赤岩岳からは赤岩尾根を抜けて八丁峠に下れるようですが、ネットを見ても大変厳しいルートのようで、何れかの機会に挑戦することにして山頂でしばらく休憩してから下山することにしました。

 帰りも途中の岩場を慎重に下り、赤岩峠からは所どころ休みを入れながら歩き、登山口まで1時間45分で下ることが出来ました。

 自宅に戻る途中で「国民宿舎・ヴィラせせらぎ(入浴料=600円)」に寄ると汗を流してから帰宅しました。

                                           ページの先頭に戻る

« 西上州 三ツ岩岳(09.04.18) | トップページ | 鼻曲山(09.05.09) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/44882769

この記事へのトラックバック一覧です: 西上州 大ナゲシ・赤岩岳(09.05.02):

« 西上州 三ツ岩岳(09.04.18) | トップページ | 鼻曲山(09.05.09) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック