« 春の植え付けの準備をしました… | トップページ | 2009年春の植え付け… »

2009年3月 7日 (土)

二つめのプロトレック…

 山歩きを始めて直ぐに高度計の付いている時計が必要と思い、2年ほど前になりますが近くのWILD-1で登山用の多機能時計としてプロトレックを購入し、その後の山歩きではいつも持ち歩いていました。

 その時もお店のガラスケースの中にスントやバリゴなど、アウトドア用の人気メーカーの時計もあったのですが、機能と価格、購入後のメンテナンスなどを考えて、カシオのプロトレックPRT-41SJ-1JFを購入することにしました。
090307001
 このプロトレックはトリプルセンサー(コンパス・気圧/温度計・高度計)の付いた時計の中でも小さくて軽い(H×W×D=51.6×49.7×14.5mm、質量:54g)時計であり、山歩きで必要な基本的な機能はすべて揃っていました。

 しかし、山歩きで使っている内に何かの拍子にザックのショルダーベルトにこの時計が引っ掛かり、時計のバンドを止めるピンがケースから外れてしまったのです。

 普通に引っ張るだけでは外れることもなく問題はないのですが、止めピンに斜め方向の強い力が加わると外れてしまうようで、その後、もう一度外れたこともあってザックを背負う時に注意するようにしていました…think

 
こうして使って来たプロトレックPRT-41SJですが、昨年の9月に電池が消耗したのか表示がおかしくなり、説明書を見ると電池寿命が18ヶ月となっており、購入して1年半ほどなので電池交換の時期が来たようです。

 そこで近くの時計ショップで電池交換の依頼したのですが、お店で交換することが出来ずメーカー送りとなるとのことで、電池交換が終了するまでは10日ほどであり、交換費用は3,150円(消費税込み)と言うことでした。

 しかし1年半毎にメーカー送りでは手間と費用がかさむこともあり、手間のかからない時計を追加購入することにして、ネットなどで新しい多機能時計を物色していました。(手持ちのGPSにコンパスや高度計があって、腕時計のコンパスを使うことは少ないのですが、GPSが電池切れになることもあり二重の備えをすることに越したことはありません…)

 新しく購入する時計は、デザインの良いスントベクターなども検討したのですが、自分で出来るとは言え電池交換が必要なこともあり、今回もプロトレックのトリプルセンサーでソーラー発電の製品の中から選ぶことにしました。(普段使いの腕時計は全てソーラー発電の製品でした…)

 選ぶ時に決め手となったのは腕に付けた時にかさ張らず、普段使いもできる時計と言うことで厚さが薄いプロトレックPRW-1300シリーズの中から選ぶことにしました。

 そして現物を見た方が良いと思い、高崎駅近くのヤマダ電機で寄って見ることにしたのですが、店頭で手にとって見ている内に店員にすすめられたこともあり、その場で1300YJ-1JF(H×W×D=56.9×47.4×11.5mm、 質量:60g)を30,800円で購入することにしました。
090307002
 この1300シリーズは文字盤が大きいため、見た目はPRT-41SJに比べるとずい分大きく見えましたが、外寸で容量を計算すると41SJより小さいようです。

 購入前に価格.comで値段を調べておいたのですが、ヤマダ電機の価格もほぼ平均的なものとなっていました。

« 春の植え付けの準備をしました… | トップページ | 2009年春の植え付け… »

山の道具」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/44264674

この記事へのトラックバック一覧です: 二つめのプロトレック…:

« 春の植え付けの準備をしました… | トップページ | 2009年春の植え付け… »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック