« 榛名・水沢山(09.01.01) | トップページ | 北八ッ 北横岳(09.01.25) »

2009年1月18日 (日)

十二ヶ岳(09.01.17)



① 2009年1月17日(土)天候:晴れ
② 十二ヶ岳:1200.9m
③ コースタイム(行動時間:3時間15分)
 登山口下林道(09:20)===十二ヶ岳登山口(09:25)===見透し台(10:10)===大原分岐(10:40)===十二ヶ岳(10:50~11:35)===大原分岐(11:45)===見透し台(12:00)===十二ヶ岳登山口(12:30)===登山口下林道(12:35)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、個人の体力差や季節・天候によりコースタイムも変わりますので、あくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(GPS積算距離:3.84km、総上昇量:458m)
090117000

 例年のことですが1月は新年会などが続き、折りからの寒さも相まってどうしても運動不足になってしまい勝ちです。

 
先週の3連休も雪遊びの準備をしましたが、天気予報が荒れ模様だったこともあり、結局、寒さを言い訳に山歩きをさぼってしまいました。

 
今回は今年2回目の山歩きとして、銀嶺に輝く上信越国境の大展望台…と新・分県登山ガイドで紹介されている十二ヶ岳に1年9カ月ぶりに登ることにしました。

 朝6時に目が覚めたのですが、前日の帰宅が遅く準備していなかったため、グズグズしている内に7時半スタートとなってしまいました。(急いで家を出たためか冬用ジャケットを家に忘れてしまいました…coldsweats01

 自宅から十二ヶ岳の登山口(マップコード:183 274 672)に向かって中之条方面に走りますが、渋川市内は迂回して伊香保下から東吾妻町へ抜けるルートを走ります。

 途中、伊香保下を走る時に十二ヶ岳や小野子山・子持山が見えて来ます。(写真は帰る時に写しましたが左側から十二ヶ岳~中ノ岳~小野子山となります…)

 前回歩いた時は入道坊主の登山口から中ノ岳の鞍部に登り、十二ヶ岳の東側から山頂に登りましたが、今回は西側の小野上温泉側から登ることにしました。
090117002

 国道353号線のJR小野上温泉駅前から右に進み、十二ヶ岳の案内表示に従って林道を登って行きます。

 道路は舗装されているものの、砕石場の脇を通過する頃にはかなりの積雪があり、凍結しているため冬用タイヤでもスリップする場所がありました。

 やがて道路脇に十二ヶ岳登山口の道標が立っており、登山道らしい踏み跡が林の奥に延びていました。(ネットで調べると周辺は旧小野上村の結婚の森になっていました…)

 しかし直ぐ先に林道の分岐があり車のワダチも残っていたため、表示に従って林道をさらに登ることにしました。

 林道の積雪は10cmほどで、ワダチを残した車は途中でUターンしたようですが、4駆の車であればさらに登れるようでした。

 しばらく登ると積雪が多くなり無理してスタックすると困るため、車で進むのを諦めで道幅が広くなった道路脇に車を停めることにしました。

 この道路脇に十二ヶ岳登山口の表示があり、林の奥に登山道が延びていました。
090117003

 歩く準備をしているとジャケットを忘れたことに気が付きましたが、ここまで来て家に戻るのも馬鹿らしいことです…think

 少し落着いて考えて見れば今日は思いの外天気が良く、また、ザックにダウンジャケットも入っていることから、着ていたフリースをアウターにして歩くことにしました。

 林道脇から登山道に入ると直ぐ先に林道が見え、5分ほど歩いてヒノキ林を抜けると本来の十二ヶ岳登山口がありました。
090117004

 登山口の表示に従って右奥に進み、何日か前の踏み跡をたどって登って行くと、5分ほどでヒノキ林を抜けて左側の開けた尾根道に飛び出しました。
090117005

 登山道に残った雪は10~15cmほどで登りはツボ足のまま歩きました。
090117006

 登山道に踏み跡が残っており、所どころ赤ペンキが付いた立木や表示もあって、余程のことがない限り道迷いの心配はなさそうです。
090117007

 歩き始めて50分ほどで見透し台に到着しましたが、この案内道標を見ると山頂まで50分となっています。

 しかし左奥に見える山頂から判断すると、そんなに時間がかかると思えませんが、この後でここから見えた山頂のピークは肩の部分で、本当の山頂はこのピークの先にあることが分かりました。
090117008

 道標から右に歩くと展望が広がり、左側に見えた山頂が直ぐ近くでした。
090117009

 南側に榛名山のピークが並び、眼下の家並みは吾妻川に並行する国道353号線と県道35号線の通りです。
090117010

 見透し台から鞍部まで降り、今度は山頂(と思っていた…)直下の急斜面を登り返します。(幸い登山道の雪は凍結していませんでした…)
090117011

 急登する岩場混じりの登山道は右側が切れ落ちた断崖でした。
090117012

 山頂(と思っていた…)のピークに登ると、そこは大原への分岐点でした…coldsweats01
090117013

 大原分岐から稜線を5分ほど進むと、今度こそ山頂手前の女坂分岐でした。
090117014

 歩き始めて約1時間半、展望の素晴らしい山頂に到着しましたが、生憎と上信越国境は雪雲に覆われているようで、ガイドブックで紹介されている大展望は見えません。

 山頂方位盤の先が中ノ岳と小野子山で、その間に遠く霞んでいるのが赤城山、中ノ岳の左奥に重なって見えているのは子持山です。
090117015

 赤城山の黒檜山は雪雲に隠れていました。
090117016

 子持山の左奥に皇海山が霞んでいました。
090117017

 少し左側の武尊山も雪雲で霞んでいました。
090117018

 上越国境の平標山方面ですが、雪雲で覆われて全く見えません。
090117019

 雪雲に霞む白い浅間山、稜線中央が浅間隠山です。
090117020

 山頂で5人の登山者が食事を摂って休憩していましたが、全員が中ノ岳方面から男坂を登って来た人たちでした。

 自分も山頂でコンビニの冷凍鍋焼きうどんを温めて昼食とし、30分ほど休んでから下山を開始することにしました。

 帰りは途中で休憩することもなく一気に下り、登山口近くで行き会った2人連れと情報交換を行いましたが、1時間ほどで登山口に戻ることが出来ました。

 帰りは美人の湯として有名な小野上温泉センター(入湯料=2時間400円)に寄り、汗を流して一休みしてから帰宅しました。

                                          ページの先頭に戻る

« 榛名・水沢山(09.01.01) | トップページ | 北八ッ 北横岳(09.01.25) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/43771834

この記事へのトラックバック一覧です: 十二ヶ岳(09.01.17):

« 榛名・水沢山(09.01.01) | トップページ | 北八ッ 北横岳(09.01.25) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック