« 箱根 金時山(08.12.06) | トップページ | 榛名・水沢山(09.01.01) »

2008年12月27日 (土)

赤城 黒檜山(08.12.23)



① 2008年12月23日(火)天候:晴れ
② 赤城・黒檜山:1827.6m
③ コースタイム(行動時間:4時間00分)
 大同駐車場(09:00)===駒ヶ岳登山口(09:05)===稜線(09:40)===駒ヶ岳(09:55)===大タルミ(10:10)===黒檜山大神(10:45)===黒檜山(10:55~11:45)===猫岩(12:30)===黒檜山登山口(12:45)===駐車場(13:00)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、個人の体力差や季節・天候によりコースタイムも変わりますので、あくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(GPS積算距離:6.10km、総上昇量:637m)
081223000

 2008年最後の祝日に今年最後の山歩きに出かけることにし、近場の山の中から一年半ぶりに赤城の黒檜山に登ることにしました。

 
この季節の赤城山は少し雪が積もっており、首都圏に近いこともあって手軽に雪景色やスノーハイクが楽しめる山として人気があります。

 それに
今の季節なら赤城大沼周辺をバイクが走らないため、騒音もなく静かな山登りを楽しめるというものです。(バイク好きはあの排気音が魅力と言うのですが…think

 自宅に近い赤城山で今回のコースは3時間ほどの行程で歩けるため、自宅を7時半頃に出発しました。

 途中のコンビニで食料を仕入れ、赤城県道を走って赤城大同の駐車場(マップコード:261 457 352)に8時半頃に到着しました。(この日は道路に雪が残っていなかったのですが、この季節に赤城山に向かう時はタイヤチェーンなど滑り止めが必要です…)

 駐車場に停まっている車はなく登山者はいないと思っていましたが、後で黒檜山登山口の駐車場に車が停まっているのが分かりました。

 支度を終えて歩き始めましたが駐車場から5分ほどで駒ヶ岳登山口となります。
081223002

 駒ヶ岳の緩やかな登山道を歩き始めましたが、登山道に昨晩降ったらしい雪が薄っすらと残っていました。
081223003

 登山道は「関東ふれあいの道」となっており大変歩きやすいコースとなっています。
081223004

 20分ほど歩くとネットで紹介されている鉄階段を通過します。(鉄階段は2ヶ所にありこれは手前の階段ですが、歩幅の合わない木製階段より余程歩きやすいものでした…)
081223005

 登山口から40分ほどで駒ヶ岳の稜線に飛び出ました。
081223006

 駒ヶ岳の稜線は西側を除いて展望が広がっており、南側の小沼の先に富士山が見えていました。
081223007

 登山道は所どころ雪が残っており、凍結しているため歩き難いところでした。
081223008

 登山口から歩き始めて1時間ほどで駒ヶ岳の山頂に到着しました。
081223009

 駒ヶ岳の北側斜面は日陰になっており雪が凍結していましたが、アイゼンを付けるほどの雪でないため、登山道脇の立ち木につかまりながら下って行くと、黒檜山の山頂が大分近づいて来たのが分かります。
081223010

 大タルミ(駒ヶ岳と黒檜山との鞍部)にあった導標によると、黒檜山の山頂までの標高差が220mとなっていました。
081223011

 大タルミから30分ほど登ると花見ヶ原キャンプ場の分岐点となり、ここを右手に進むと水沼や大間々方面に下ることが出来るようです。
081223012

 花見ヶ原キャンプ場の分岐点を通過すると間もなく黒檜山大神に到着しました。
081223013

 黒檜山大神からの眺望は素晴らしく、西側に雪化粧した浅間山が見えました。
081223014

 南西側に八ヶ岳が見えましたが、雪が大変に少ないように見えました。
081223015

 南側に見える奥秩父連峰の背後に富士山が姿を見せていました。
081223016

 黒檜山大神で少し展望を楽しんでから山頂に向かいましたが、歩き始めると直ぐに左側から猫岩方面からの登山道が合わさります。
081223017

 登山口から1時間50分で東側の展望が開けた山頂に到着しました。

 山頂では10人ほどの登山者が食事を摂りながら休んでおり、ほとんどの人たちは黒檜山登山口からアイゼンを付けて登って来たようでした。(写真は下山時のものです…)
081223018

 先ずは山頂北側の展望台に進んで展望を楽しむことにしましたが、展望台からの景色は大変素晴らしく、北西側から北側に苗場山~谷川連峰など白く輝く上越国境の山々が並んでいます。(手前の街並みは沼田市となります…)
081223021

 北側から北東側に武尊山~至仏山~燧ヶ岳(その右奥に見えるのが会津駒ヶ岳?…)が続きます。
081223020

 北東側から東側には日光白根山~皇海山~男体山~袈裟丸山が並んでいました。
081223019

 しばらく眺望を楽しむと、山頂に戻って昼食(今回は冷凍鍋焼きうどんでした…happy01)を摂ることにしましたが、食後のお茶も含めて1時間近くユックリしたのは久しぶりでした。

 先行した人たちに見習って下山時は軽アイゼンを付けることにしましたが、猫岩分岐から下って行くと登山道の残雪が凍結しており、このルートのツボ足での下山は避けた方が良さそうです。
081223022

 猫岩上部から大沼と対岸の地蔵岳で、少し左側が長七郎山になります。
081223023

 途中で行き会った登山者の情報もあり、猫岩の下部で軽アイゼンを外しましたが、凍結箇所は登山口近くまで所どころに残っており、その後も慎重に下って山頂から1時間ほどで黒檜山登山口に下山しました。
081223024

 登山口近くの駐車場に数台の車が停まっており、県外ナンバーもあって流石に人気の山であることが分かりました。

 さらに湖畔道路を15分ほど歩いて大同駐車場に戻りましたが、車の交通量も少なく大変静かな山歩きを楽しむことが出来ました。(前回の黒檜山では朝早くからバイクの騒音が賑やかでした。)

 帰り道では旧富士見村の富士見温泉「見晴らしの湯(入湯料=500円)」に寄り、汗を流し一眠りしてから帰宅しました。

                                          ページの先頭に戻る

« 箱根 金時山(08.12.06) | トップページ | 榛名・水沢山(09.01.01) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/43547195

この記事へのトラックバック一覧です: 赤城 黒檜山(08.12.23):

« 箱根 金時山(08.12.06) | トップページ | 榛名・水沢山(09.01.01) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック