« みさと芝桜公園 | トップページ | 乾徳山・黒金山(08.05.04) »

2008年4月30日 (水)

立岩・荒船山(08.04.29)



① 2008年4月29日(火)天候:晴sun
② 立岩:1265m、荒船山(経塚山):1422.5m
③ コースタイム(行動時間:6時間50分)
 線ヶ滝駐車場(08:30)===ガレ場下のベンチ(09:20)===稜線鞍部(09:50)===立岩(10:15~10:25)===経塚山分岐(11:05)===立岩分岐(11:40)===経塚山(12:30~13:00)===星尾峠(13:15)===田口峠分岐(13:50)===威怒牟機不動(14:45)===駐車場(15:20)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、個人の体力差や季節・天候によりコースタイムも変わりますので、あくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(GPS積算距離:9.98km+α、総上昇量:1178m)
080429000
※今回はGPSデータの一部にロストがありました…

 29日は先日見送っていた西上州の立岩から経塚山を歩くことにしました。

 立岩は新・分県登山ガイドで「西上州のドロミテ…」と紹介されており、北イタリアの本物の方は中々目にすることは出来ませんが、西上州なら直ぐ行ける…と言うことで出かけて見ることにしました。

 
今回のコースは群馬の山歩き130選や新・分県登山ガイドなどを参考に設定しましたが、立岩だけでは半日程度で終わってしまうため、歩行訓練を兼ねて立岩から荒船山まで足を延ばし、その後、星尾峠から星尾川沿いのルートを下山することにしました。

 
立岩をガイドブックやネットなどで見ると、ヤセ尾根の岩稜歩きやクサリ場などもあって、変化に富んだ魅力的なルートとして紹介されており、タイミングが合えば新緑やツツジの花が楽しめるハズと思っていました…。

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 立岩の線ヶ滝登山口(マップコード:292 046 264)は南牧村の最奥の地域にあり、自宅から一般道を走って1時間半ほどになります。

 登山口のスタート時間から逆算して自宅を出発すると、途中のコンビニで食料を買い込み登山口手前の星尾集落で立岩の岩峰を撮ることにしました。

 立岩の写真を撮っていると通りがかった地元の人が話し掛けて来て、これからはマムシに注意が必要だと話していました…。
080430001

 途中で立岩の写真を撮ったりしていたため、予定の8時より少し遅れて線ヶ滝の駐車場に到着しました。

 駐車場に埼玉ナンバーを含め3台の車がありましたが、自分も準備をすると8時半に歩き始め、駐車場の直ぐ先で星尾川を渡りました。

 下山時に沢に架かる橋が壊れているのが分りましたが、この時は昨年の台風被害のことは全く頭になく、後で振り返ればこの橋が下山ルートの登山道崩壊の予兆でした…。

 
沢を渡るとコース案内図が立っており、地図を確認して写真を撮っておきます。(立岩の直登ルートの表示がなく、引っ掻いたような線が付いていました…)
080430002

 案内図の脇に安全登山を祈願するお地蔵様が安置されており、今回の山歩きの無事を祈って手を合わせます。

 登山道はここで二つに分かれており、左側は田口峠方面ですが、今回は右側に進んで立岩方面に向かいます。

 少し歩くともう一度星尾川を渡ることになり、今度は左岸側に渡って杉林の中を歩くことになりました。(ここでGPSデータのロストがありました…)

 しばらく進んで行くと威怒牟機不動の分岐があり、ここは右側に進んで立岩の直登ルートに向かいます。
080430003

 やがて杉林を抜けると明るい雑木林となり、林の向こうに東立岩と西立岩の鞍部が見えてきました。(ここに来る途中でピンク色のミツバツツジを2~3本見かけました…)
080430004

 やがてガイドブックで紹介しているベンチを通過し、さらに丸太の階段を登ると長い鎖の付いたガレ沢となります。

 ガレ沢を一組の夫婦連れが登っており、落石を避けるため二人が登り終わるのを待って登り始めました。
080430005

 ガレ沢を通過すると斜上する岩場のバンドですが、岩場に取り付いてみるとガイドブックで紹介するほど難しい場所でないと思いました。
080430006

 後から登って来た単独のおばちゃんによると、今頃は三ツ岩岳のアカヤシオが良いとの話しですが、残念ですが立岩はアカヤシオが見当たらないとのことでした。

 登山道の途中で眺めた西立岩の絶壁は凄いもので、南側に切れ落ちた大岩壁は大変な迫力がありました。
080430007

 斜上する岩場のバンドを通過すると稜線に上がり、山頂まで0.5kmの案内道標とベンチが置かれていました。
080430008

 登山道は西立岩の北東側に回り込むように延びており、途中で踏み跡のあったピークに登って見ましたが、春霞がかかって遠望は全くダメなようでした。(八ヶ岳の写真を撮ってみましたが全く写真になりませんでした…)

 途中で追い越した夫婦連れにコシアブラのある場所を知らないか?…と聞かれましたが、こちらは駆け出し者で売っている場所は知っていますが、自生した物を山で摘んだ経験はありません…。

 やがて湿った沢のような北側斜面を登り、短いクサリで左上にトラバースすると北東稜線に上がりました。
080430009

 さらに10mほどのクサリの付いたハシゴを登り、山頂に続く稜線に上がると眼下に見える星尾集落がまるで箱庭のようでした。
080430010

 景色の良い肩のような場所にベンチもあり、一休み出来るようになっていましたが、写真を撮って先に進みます。

 少し進むと登山道の横に古びた手彫りの木像が置かれていましたが、この山で祀られている威怒牟機不動と関係する物なのでしょうか…。
080430011

 登山口から1時間45分、あちこち遊びながら来たこともあり、予定より大分遅れて西立岩の山頂に到着しました。
080430012

 山頂に先ほどのおばちゃんが休んでいて、これから荒船山(経塚山)に向かうと話すと、おばちゃんは何時か毛無岩方面に縦走したいと話していました。

 山頂から西側の展望が開けており、直ぐ目の前に経塚山のピークが見え、その南側に御岳と兜岩山が並んでいました。
080430013

 当初はこの西立岩で昼食タイムの予定でしたが、まだ先が長いこともあり少し休んだだけで先に進むことにしました。

 山頂から北側に進むと景色の良い場所があり、先ほどの夫婦連れがここで昼食タイムのようでした。

 山頂北側からクサリのある稜線を下り、大きな岩稜を巻いて進むとベンチがあったため、ここで一休みして行動食を取ることにしました。
080430014

 しばらく休んで歩き始めると直ぐ先に小さな岩場があり、ここには10mほどの短いクサリが下っていて、休憩中に抜かされた先ほどのおばちゃんが登っていました。

 岩場に左側を巻くような踏み跡があり、こちらからも先に進めるのかなと思いましたが、踏み跡は少し先で崖になっており、怖い思いをしただけの無駄足でした。
080430015

 岩場の手前に戻り今度はクサリを登って細いヤセ尾根を進みます。
080430016

 振り返ると先ほど歩いて来た西立岩の岩峰が聳えていました。
080430017

 クサリの岩場で余分な時間を掛けてしまい、予定より少し遅れて荒船山の分岐に着いて見ると、分岐点に案内標識が付いていないのです。
080430018

 確かに分岐道標から右に薄い踏み跡が続いていましたが、道標に立岩まで1kmの表示しかなく少し不安でした。

 ガイドブックでは分岐点からヤブを漕いで歩く…と読んだ記憶があり、ヤブに延びる踏み跡をたどろうとすると、文字は薄れていましたが経塚山…と道標に手書きしてありました。

 この分岐点から右奥に進むのが正しいようで、ヤブの中の薄い踏み跡をたどって行くと、やがて岩稜を巻く登山道になりました。(これもガイドブックに書いてあった通りでした…)
080430019

 所どころ残っている赤テープを目印に先に進み、ヤブを掻き分けて少し登りると尾根沿いの登山道となります。

 踏み跡の薄い稜線をさらに進んで行くと、やがて星尾峠から黒滝山に向かう縦走ルートに突き当りました。
080430020

 この分岐点から右に進むと毛無岩を越えて黒滝山方面に抜けられるようですが、今回は左に進み少し先にあった道標を見ると、黒滝山不動寺まで8.4kmの表示がありました。

 立岩の分岐点から20分ほどで荒船山(経塚山)分岐となり、ここを左に進めば荒船山を巻いて星尾峠に出られますが、今回は直進して荒船山の山頂に向かいます。
080430021

 岩場混じりの登山道を20分ほど登ると、西立岩から2時間ほどで荒船山(経塚山)の山頂に到着しました。

 山頂で4人パーティーと単独の登山者が休んでいましたが、連休中の割に意外に登山者が少なく、ゆったりと昼食場所を確保することが出来ました。
080430022

 荒船山(経塚山)の山頂は樹林帯で展望がなく、南側にローソク岩が見える程度なのが残念でした。
080430023

 久しぶりにゆっくり昼食タイムを取り、艫岩分岐に下って星尾峠に向かいます。(内山峠に抜けるコースもありますが、単独では車を回収することが難しくなります…)

 前回は経塚山の下りが結構きついと思っていましたが、今回は難なく下って艫岩分岐に出ると、分岐道標の写真を撮って星尾峠に向かいました。
080430024

 ここで山頂で見かけた単独の登山者が引き返して来て、星尾峠から線ヶ滝方面に下る登山道が消えている…と話しかけて来ました。

 自分がそんなハズはないでしょう、一緒に下りますか?…と答え、一緒に星尾峠に行って見ることになりました。

 星尾峠に行って見ると佐久側の荒船不動ルートに通行止めの看板が立っており、南牧側の斜面は大きく崩落して登山道が消えていたのです…。
080430025

 自分は線ヶ滝に車を停めていますし、ここから線ヶ滝に下る以外ありません。(もう一度、往路を戻って威怒牟機不動に下ることも出来ますが、ここまで来て今さら戻る気持ちになれませんでした…)

 単独の登山者は崖崩れの先をみたようですが、登山道は手前に折り返すように延びており、折り返し点が大きく崩落しているため登山道が消えたように見えていました。

 崩落箇所の手前で踏み跡を探すとヤブの中に薄い踏み跡が見つかりました。(この時は下山ルートを探すのが精一杯で、写真を撮るような余裕はありませんでした…)

 大丈夫!、下れますよ…と声を掛けてヤブを下ると、確かに登山道らしい踏み跡があり少し先に靴跡らしいものも残っていました。

 先ほどの人に踏み跡がありましたよ~…と再び声を掛けて下り始めましたが、何故か下って来ません。(途中で少し待って見ましたが艫岩方面に戻ったようでした…)

 昨年秋の台風9号の豪雨被害で星尾峠の登山道が崩落していましたが、沢沿いを下って行くとさらに豪雨の被害は深刻でした。

 沢の川底の岩盤が剥き出しになっていたり、登山道が消滅して7~80mも倒木とゴロ岩の河原になったりと、星尾峠からの登山道は廃道同然になっていました…think

080430026


 ルートが荒れて登山道が消えていても、星尾川沿いに下って行けばルートに間違いはないハズで、折り重なった倒木や岩ゴロを越えて下って行くと、所どころに登山道らしい踏み跡が残っていました。

 時々立ち止まって下る方向を確認し、荒れた星尾川沿いのルートを下ると、星尾峠から30分ほどで田口峠の分岐点に到着しました。(ここまで下れば一安心です…)
080430027

 ここからルートが二つに分かれており、一方は田口峠に向かう途中から星尾川の右岸を下るルートで、もう一方が威怒牟機不動を経由するルートとなりますが、二つのルートは線ヶ滝登山口の入口近くで合わさっています。

 ここは威怒牟機不動ルートを進んだ方が登山者に行き会うハズであり、分岐を左に進むと大荒れの星尾川を渡って左岸側に上がることにしました。

 しかし威怒牟機不動の登山道も大変荒れており、山側から枝沢が流れていたところでは、沢そのものが原形を留めていませんでした。
080430028

 それでも田口峠の分岐から50分ほどで威怒牟機不動の分岐まで下ると、先が見えたこともあり威怒牟機不動に寄って見ることにしました。

 ここも台風の被害がひどかったようで、祠の手前で沢に架かる橋が流され祠近くまで行けませんでした。(この時は沢を渡る気力も失せていました…)
080430029

 威怒牟機不動の由緒書きによると、大正時代までは大勢の参拝者で賑わったお不動様だったようでした…。

 一応、威怒牟機不動の写真を撮って登山口に向かいましたが、途中の沢の流れ込みの部分が荒れており、これらを修復するのは大変な工事になると思いました。

 その後は立岩の直登ルートの分岐を15時15分に通過すると、登山口の線ヶ滝駐車場に15時20分に到着し今回の山歩きを終了しました。(登山口に注意書きの看板を設置した方が良いと思いました…think

 車に道具を片付けた後、戻る途中で線ヶ滝に寄って見ましたが、名前のとおり細く長い滝であり、岩肌のピンクのツツジが大変綺麗でした。
080430030

 以前は滝壺の近くまで下ることが出来たようですが、現在は滝壺に降りるらせん階段に通行禁止のロープが張られ、滝壺まで行けないようになっていました。
080430031

 帰る途中で何時ものようにかぶら健康センターかのさと(入湯料500円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてからから帰宅しました。(かのさとは閉館したようです…)

                                             ページの先頭へ

« みさと芝桜公園 | トップページ | 乾徳山・黒金山(08.05.04) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/41038127

この記事へのトラックバック一覧です: 立岩・荒船山(08.04.29):

« みさと芝桜公園 | トップページ | 乾徳山・黒金山(08.05.04) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック