« 浅間隠山(08.01.13) | トップページ | デジカメを買いました… »

2008年1月24日 (木)

年賀状ソフト

 いささか時期外れとなりましたが、自宅のパソコンに新しい年賀状ソフトをインストールしました。…(*^_^*)

 昨年秋、これまで使っていたマイクロソフトの「はがきスタジオ」2008年版が販売されないことが分かり、今年の年賀状は2008年用のバージョンアップを行わず、干支のネズミはイラスト抜きで間に合わせることにしました。

 その後、正月になって昨年暮れに年賀状を出さなかった人からも年賀状をもらい、一応は返事を出しましたが、年賀ハガキが不足し返信を出せなかった人は、正月明けに「寒中見舞い」を送ることにしました。

 しかしいざ寒中見舞いを作る段になって見ると、これまでの「はがきスタジオ」は年賀版であり、「寒中見舞い」の作成メニューがなく、また、一般的な季節イラストが少ないため、作るのがチト面倒なのです…(-_-;)

 イラストなどもネットで探せばいくらでもあるし、これを使えばワードで「寒中見舞い」を作ることも出来ますが、今後、マイクロソフトが「はがきスタジオ」を更新する状況になく、この際「寒中見舞い」を作れる新しい「ハガキ作成ソフト」に乗り換えることにしました。

 この種ソフトの乗り換えは旧ソフトの住所録のデータ移行がポイントとなりますが、ネットで調べると「はがきスタジオ」の住所録を使えるのは、①「筆まめ」が「はがきスタジオ2007」まで、②「筆王」が「はがきスタジオ2006」まで、③「筆ぐるめ」が「はがきスタジオ2005」までとなっており、必然的に「筆まめ」に移行することになりました。

 ネットのダウンロード販売で「筆まめSelect2008」を購入し、早速、インストールして「寒中見舞い」を作って見ましたが、住所録管理は「はがきスタジオ」の方が使いやすく、宛名面の印刷で「筆まめ」の方が仕上がりに一日の長があると思いました。

 ネット社会の中で年に何回も使うソフトではありませんが、あれば便利なソフトで重宝するものであり、知らない間になくなってしまうのは残念なことでした。

 ユーザーにとっては、長い間、使えるソフトが一番と思いました。

« 浅間隠山(08.01.13) | トップページ | デジカメを買いました… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/17813647

この記事へのトラックバック一覧です: 年賀状ソフト:

» 4つの画材で動物の19通りの描き方をDVD付きで解説した通信教育系教材です [イラスト上達マニュアル,年賀状ソフト]
実際にペットの肖像画を描いているイラストレーターが、4つの画材(鉛筆、色鉛筆、水彩絵具、オイルパステル) を使って動物の19通りの描き方を解説しています。一枚のイラストが描きあがるまでを収録したノーカットDVD付きです。 ... [続きを読む]

« 浅間隠山(08.01.13) | トップページ | デジカメを買いました… »

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のトラックバック