« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月23日 (日)

平標山・仙ノ倉山(07.09.22)



◎2007年9月22日(土)天候:晴れ時々曇り
◎平標山:1983.7m、仙ノ倉山:2026.2m(標高差:1050m、歩行距離:13.9km…歩行距離は電子国土で計測した概算値です。)
◎コースタイム(行動時間:8時間40分)
 平標山登山口駐車場(05:40)⇒平標山松手山コース登山口(05:45)⇒鉄塔(06:55)⇒松手山(07:40)⇒平標の肩(08:25~08:40)⇒平標山(09:25)⇒稜線の最低鞍部(09:40)⇒2021ピーク(10:05)⇒仙ノ倉山(10:25~10:40)⇒2021ピーク(10:50)⇒稜線の最低鞍部(11:20)⇒平標山(11:40)⇒平標山ノ家(12:30~12:40)⇒平元新道登山口(13:25)⇒平標山登山口駐車場(14:20)
※コースタイムは休憩時間を含んでおり個人差も大きいため参考にはなりません…

 9月2回目の3連休は上越国境の平標山に行くことにしました。

 手元にある群馬県の山歩きのガイドブックでは、平元新道から入り平標山の家から山頂をピストンするコースを紹介しています。

 しかしネットで見かけたレポで平元新道コースは階段登りが大変と見たことがあり、今回は松手山から登り平元新道に下る周回コースで歩くことにしました。

 ※画像をクリックすると大きくなります…

続きを読む "平標山・仙ノ倉山(07.09.22)" »

2007年9月17日 (月)

白砂山(07.09.15)



◎2007年9月15日(土)天候:曇り時々晴れ
◎白砂山2139.7m(標高差:622.5m、歩行距離:11.8km…歩行距離は電子国土で計測した概算値です)
◎コースタイム(行動時間:9時間35分)
 白砂山登山口(07:00)⇒ハンノ木沢(07:20)⇒地蔵峠(07:55)⇒地蔵山(08:20)⇒水場の分岐(09:15)⇒堂岩山(10:00)⇒八間山分岐(10:05)⇒2042ピーク(10:25)⇒白砂山山頂(11:40~12:20)⇒2042ピーク(13:15)⇒八間山分岐(13:45)⇒水場の分岐(14:25)⇒水場(14:35)⇒地蔵山(15:20)⇒地蔵峠(15:50)⇒ハンノ木沢(16:10)⇒白砂山登山口(16:35)
※コースタイムは休憩時間を含んでおり個人差も大きいため参考にはなりません…

 3連休の天気予報では初日は何とか持つものの残り2日は雨模様となっており、初日の15日に白砂山に出かけることにしました。

 前日は帰宅が少し遅くなってしまいましたが、寝る前に見た天気予報は朝の内は曇りとなっていましたが、12時から17時頃が晴れとなっていました。

 事前に作ってあった計画では登山口スタートを6時スタートとしていましたが、30分遅れの6時半スタートとして計画を組み直しました。

 ※画像をクリックすると大きくなります…

続きを読む "白砂山(07.09.15)" »

2007年9月10日 (月)

谷川岳(07.09.08)



◎2007年9月8日(土)天候:晴れ時々曇り
◎谷川岳(オキの耳):1977m(天神尾根コース=標高差:844m、歩行距離:7.8km)
◎コースタイム(行動時間:6時間10分)
 ロープウェー天神平駅(08:10)⇒天神峠分岐(08:30)⇒穴熊沢避難小屋(09:00)⇒天狗の溜り場(09:50)⇒肩ノ小屋(10:35~45)⇒トマの耳(11:00~05)⇒オキの耳(11:20~12:00)⇒トマの耳(12:15)⇒肩ノ小屋(12:20)⇒天狗の溜り場(13:00)⇒穴熊沢避難小屋(13:35)⇒ロープウェー天神平駅(14:20)
※コースタイムは休憩時間を含んでおり個人差が大きいため参考にはなりません…

 9月の山歩きは谷川岳からとなりました。

 前夜に仕事の流れで付き合いがあり、翌朝の早起きが辛いこと。また、関東地方を直撃した台風9号によって、登山口への取り付き道路の心配もあって、当初、登ろうとしていた白砂山は敬遠することにしました。

 そして台風被害が伝えられておらず、時間的にもロープウェイで手軽に登れる谷川岳に登ることにしました。

 群馬県は自然災害が少ないと言われてきましたが、今回の台風で西毛地域が大変な豪雨となり、上信越道や国道18号線などが通行止めとなって長野方面への道路網が寸断されてしまいました。
 また春先に登った四つ叉山や鹿岳、鼻曲山などの取り付け道路が寸断されてしまい、孤立集落が出来るほどの大きな被害が発生しました。

 ※画像をクリックすると大きくなります…

続きを読む "谷川岳(07.09.08)" »

2007年9月 3日 (月)

上高地(07.09.01)

200709011156000
梓川と穂高連峰…

 先週末、これからの山歩きの下見も兼ねて、まだ、行ったことのなかった上高地に出かけて来ました。松本から高山に抜ける国道158号線は、過去、何度か通ったことがありますが、いつも釜トンネルの手前を左に曲ってしまい、釜トンネルから先の上高地には行ったことがありませんでした。

 自宅から上高地に行くためには、上信越道の更埴JCで長野道に入り松本ICで降りるのが簡単ですが、距離的に遠回りとなるため時間があれば東部湯の丸ICで降りて、国道254号線の三才山トンネルなどを通って松本に抜けるのが最短ルートとなります。

 国道158号線の沢渡大橋を渡り、梓第1駐車場に9時半過ぎに到着すると、駐車料金1日500円を支払って車を停めます。前日から天気の具合を心配していましたが、時間が経つにつれて回復して来るようで、沢渡に着く頃には晴れ間から日が射し始めていました…。

 上高地にはシャトルバス(往復料金1800円)に乗換えて行きますが、一番手前側の駐車場から乗り込めば、混雑時も座って行くことが出来るようです。
 沢渡大橋停留所から9時40分発のバスに乗り込みましたが、座席は7割ほどが埋まっており、ほとんどがハイキングの乗客のようで、山支度の乗客は見かけませんでした。

 沢渡から国道158号線を梓川沿いに走り、釜トンネルを抜けて30分ほどで上高地に到着します。事前に「るるぶ」などで調べると、大正池でバスを降り散策しながら河童橋まで歩くのがベストコースとなっています。逆のコースで歩くと帰りのバスがバスターミナルで満席になってしまい、大正池ではバスに乗れなくなることもあるようです。

続きを読む "上高地(07.09.01)" »

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック