« 谷川岳(07.09.08) | トップページ | 平標山・仙ノ倉山(07.09.22) »

2007年9月17日 (月)

白砂山(07.09.15)



◎2007年9月15日(土)天候:曇り時々晴れ
◎白砂山2139.7m(標高差:622.5m、歩行距離:11.8km…歩行距離は電子国土で計測した概算値です)
◎コースタイム(行動時間:9時間35分)
 白砂山登山口(07:00)⇒ハンノ木沢(07:20)⇒地蔵峠(07:55)⇒地蔵山(08:20)⇒水場の分岐(09:15)⇒堂岩山(10:00)⇒八間山分岐(10:05)⇒2042ピーク(10:25)⇒白砂山山頂(11:40~12:20)⇒2042ピーク(13:15)⇒八間山分岐(13:45)⇒水場の分岐(14:25)⇒水場(14:35)⇒地蔵山(15:20)⇒地蔵峠(15:50)⇒ハンノ木沢(16:10)⇒白砂山登山口(16:35)
※コースタイムは休憩時間を含んでおり個人差も大きいため参考にはなりません…

 3連休の天気予報では初日は何とか持つものの残り2日は雨模様となっており、初日の15日に白砂山に出かけることにしました。

 前日は帰宅が少し遅くなってしまいましたが、寝る前に見た天気予報は朝の内は曇りとなっていましたが、12時から17時頃が晴れとなっていました。

 事前に作ってあった計画では登山口スタートを6時スタートとしていましたが、30分遅れの6時半スタートとして計画を組み直しました。

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 当日は4時半に起床すると山道具を車に積み込み、5時前に自宅をスタートすると途中のコンビニで食料を買い込み先ずは渋川方面に走ります。(自宅から登山口の野反湖までは榛名山の西側を回るコースと東側を回るコースがありますが、今回は東側のコースで現地に向かうことにしました…)

 榛東村から伊香保温泉下を抜けて国道353号線に出ると、中之条町からは国道145号線を走りさらに国道292号線~国道405号線と走って行くことになります。(ちなみに国道405号線は途中で山道となり、さらに進むと秘境・秋山郷につながっています…)

 
自宅から野反湖まではナビの表示距離で75kmほどですが、曲りくねった山道が続くため予想外の時間がかかります。
 予定では野反湖の登山口を6時半スタートとしていましたが、これには到底間に合いそうになく、結局、7時頃のスタートになりそうでした。

 野反湖の駐車場(マップコード:948 182 018)に6時40分に到着すると、駐車場に5台ほどの車が停まっており、直ぐ後から2台の車がやって来ました。(皆さん白砂山を目指す人たちのようでした…)
 先に停まっていた2台の車は歩く準備をしており、夫婦連れと単独の登山者が登山口の写真を撮って出発して行きました。
 若干、寝不足気味の感じがしましたが、しばらく車で休んでから準備をすると、登山口の写真を撮って7時にスタートしました。
070915001

 登山口から歩き始めると直ぐ左に曲がり、1619ピークの山腹を巻くように進んで行くと、やがてハンノキ沢に向って50mほど下ります。
 ハンノキ沢は幅3mほどの小さな沢で、一人が渡れる簡易な橋が架かっており、先日の台風の名残りなのか上流側に枯木などが引っ掛かっていましたが、沢の水は奇麗で飲めそうな感じでした。
070915002

 ハンノキ沢を渡ると地蔵峠に向かってさらに進むますが、登山道はかなりの急登で750mほどの距離で170mほど登ります。
 しばらく登ると緩やかな登山道となり、右手に大きく方向を変えると地蔵峠に到着します。(分岐を左に進めば秘境・秋山郷に向かいます…)
070915003

 分岐道標から右に入ると小さなお堂があり、お小さな地蔵さんが祀られていました。
 登山者のあげたお賽銭なのか、お地蔵さんの前には小銭が置かれていました。
070915004

 展望のない樹林帯をさらに30分ほど進むと、地蔵山のピークに着きましたが山頂標識もなく定かではありません。
 地蔵山のピークを越えると稜線歩きとなり右手の展望が開けますが、堂岩山から八間山に続く稜線は白いガスに煙っていました。
070915005

 さらに進むと再び展望のない樹林帯の登山道となり、前方に堂岩山に登る稜線が見えて来ました。
 予定では登山口から2時間半で堂岩山の山頂で、そろそろ山頂が見えて来る時間です。(…と思っていましたがこれは大きな間違いでした…)

 今回の白砂山は「山と高原地図のNo.16」を基に計画しましたが、ここで紹介されている標準タイムではとても歩くこが出来ませんでした。
 帰宅して新・分県登山ガイドの群馬県の山を見ると堂岩山までは2時間55分、山頂までは4時間25分で、足の遅い自分が出発時間を遅く出来る山ではありません。(これに懲りて次回からは幾つかのガイドブックを参考にすることにしました…) 
070915006

 登山口から2時間15分で水場の分岐に到着しましたが、ここにはベンチ代わりの倒木が置いてあり単独の登山者が休んでいました。
070915007

 言葉を交わすと天気を心配しており、いつでも途中撤退が出来るよう写真を撮っていたと話していました。(ここから野反湖を眺めることがことが出来ました…)
070915008

 天気予報は午後から晴れる予定だったと話すと、では行って見ようかと言う感じでした。(この人とは前後しながら歩き、結局、山頂まで一緒に登ることになりました…)
 水場は帰り道で寄って見ることにし、ここで一休みしていると夫婦連れの登山者が登って来ましたが、先に急ぐように水場の分岐を通過して行きました。(写真は下山時のもの…)
070915009

 水場で少し休んでから登り始めましたが、直ぐに深くえぐれた登山道となり、荒れた急登が続きました。
 やがて、堂岩山の到着予定時間となりましたが、登りが続いて山頂に到着する雰囲気はありません。

 少しおかしいなと思いながらさらに登って行きますが、やがて登りが終わると登山口から約3時間(予定の30分遅れ…)で山頂に到着しました。
 全く字が読めない道標(道標の支柱?…)の左下の杭が打ってあり、この杭に堂岩山と表示されていました。
 ここに立っていた山頂標識は地形図上の山頂でなく、堂岩山を通過して少し白砂山側に進んだところに立っているようでした。
070915010

 堂岩山の古びた山頂標識を通過し、5分ほど歩くと八間山の分岐となりました。(分岐の先の白砂山方面は白いガスがかかって何も見えません…)
 ガイドブックによると分岐からは展望の良い稜線歩きが続くようですが、今日の天気ではとても期待出来そうにありません。
070915011

 それでも「午後からは天気が回復する…」との天気予報を信じて、さらに山頂に向かって歩くことにしました。
 分岐道標から白砂山に向かう登山道は直ぐに腰から肩ほどのヤブこぎの道となり、笹やハイ松を掻き分けて進むことになりました。(直ぐ先に登山者がいるのですが…)
070915012

 天気が良ければ何でもないのでしょうが、覆い被さるヤブを搔き分けて進み、ぬかるんだ登山道を歩くのはチト大変でした。
 時折、ガスが薄くなり渋沢が見えるのが気力の支えになりますが、雨でも降リ出せば直ぐ撤退したくなるヤブ漕ぎのルートが続きました。
070915013

 群馬県側から長野県側に向かってガスは流れており、Tシャツ1枚では寒いため山シャツを着込んで歩くことにしました。(秋の山になったことを実感します…)
 八間山の分岐から下ると2042ピークに向かって登り返し、2042ピークに登ると次の鞍部に向かって下るなど、その間に少しばかりの稜線歩きがありましたが、アップダウンが続く大変疲れるアプローチでした。
070915014

 天気は一向に好転しそうになく、ザックに大きな三脚を付けた登山者と行き会い、山頂の天気を聞いてみましたが良い返事ではありませんでした…think
 少し進むと水場で先行した夫婦連れが稜線の風を避けて休んでおり、声を掛けるとガスが巻いているしここでご飯を食べている…と言うことでした。(この二人は山頂に進むことを断念し途中で撤退したようでした…)

 山の天気は変わりやすく、5分もすると状況も変わります。2042ピークを下って白砂山の最後の尾根に取り付くと、周りが明るくなりガスが晴れて来たのです。…(^^ゞ
 渋沢が左に流れを変える谷間の景色が見え、前方に白沢山の山頂(後ほど肩のピークと分かりましたが…)に青空も見えてきたのです。(今日一番の天気でした…)
070915015

 登山道から右手の景色は見えませんが、左手側には佐武流山から鳥甲山、さらに8月に登った苗場山の平たい山頂が見えて来ました。
 この時は写真が撮れず帰り路で撮ることが出来ましたが、この時ほど展望はありませんでした。(つくづくシャッターチャンスは逃すべきでないと感じています…)
070915016

 山頂の取り付きの稜線で、コマクサを見るために登って来たと言う夫婦連れの登山者に行き会いましたが、コマクサの花は見かけませんでした。(ご主人が山頂から10分で下って来たから山頂は直ぐそこだと話していましたがそんなに簡単ではありませんでした…(>_<)
 直ぐ先に山頂が見えているのですが、中々足が続かず20分ほどかかって登って行くと、そこは山頂はなくさらに先に登山道が延びていました。
070915017

 登山口から約4時間40分で壊れかけた山頂標識の立つ山頂に到着しましたが、初めの計画からは1時間ほど遅れてしまいました。
 山頂に到着すると、早速、昼食タイムとしましたが、今日はドリップコーヒーを持っており、食後に落とすことにしました。
 しばらくすると途中で追い越した水場の登山者、さらに別の夫婦連れも登って来て、それぞれ昼食を取り始めました。
0709150171

 山頂で食事を取りながら天気の話となり、夫婦連れがいつも自分たちが山頂から下ると晴れる…などと話しており、あまり景気の良い話ではありませんでした…(T_T)
 山頂でしばらく天気の様子を眺めていましたが、状況は変わりそうもなく、帰りの道中の心配もあって30分ほど休んでから下山を始めることにしました。

 帰り道の途中では単独の登山者が男女1名づつ、夫婦連れ1組と行き会いました。(夏山には遅く秋の紅葉に少し早い時期ですが、いつもこの程度の入山者数なのかどうかは良く分かりません…)
070915018

 帰り道の途中でガスの切れ間から見える周囲の山々を眺め、幾つかのピークを登り下りしながら下山して行きます。
070915019

 それにしてもヤブこぎの登山道は大変で、展望もなく足元のヤブを搔き分けながら進む山歩きはあまり楽しいものでありませんでした。
 山頂から55分で2042ピークを通過し、1時間25分で八間山の分岐に戻って来ましたが、当初の予定では既に駐車場に到着する時間になっていました。
070915020

 帰り道では水場に寄って顔を洗い、残っていたお握りや行動食を食べたりとずい分遊びながら下って来たため、駐車場に戻ったのは16時35分とこれまでにない行動時間の長さになってしまいました。

 今さら悔やんでみても仕方ありませんが、山歩きの事前調査が大切なことを、真に迫って感じました。(山歩きが終わった後で考えて見れば大したトラブルもなくこうした経験が後になって活きると思えばこれも修行の一つでした…)

 当初は花敷温泉で入浴する予定でしたが、既に5時近くで温泉宿の日帰り入浴は難しく、帰宅途中でどこかの日帰り温泉に寄ることにしました。
 帰り道は六合村から暮坂峠を越えて直接中之条町に抜けるルートを走り、途中の小野上温泉センター(入浴料=400円)で汗を流してから帰宅しました。

 ※先週見かけたネットの山歩きのページで中高年にはCW-Xが良いと言う記事を見つけ今回はCW-Xを準備して歩きましたが、行程の長さにしては膝の痛みもなくいつもより足の疲れも少なかったように感じたのはCW-Xの効果かも知れません。(別にメーカーの関係者ではありませんが…)

                                             ページの先頭へ

« 谷川岳(07.09.08) | トップページ | 平標山・仙ノ倉山(07.09.22) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/16459140

この記事へのトラックバック一覧です: 白砂山(07.09.15):

« 谷川岳(07.09.08) | トップページ | 平標山・仙ノ倉山(07.09.22) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック