« 角落山・剣ノ峰(07.04.14) | トップページ | 四つ又山・鹿岳(07.04.28) »

2007年7月 8日 (日)

荒船山(07.04.21)

070421001
艫岩からの展望はすごいぞ!

◎2007年4月21日(土)天気:晴れ時々薄曇り
◎荒船山:1422.5m(内山峠コース)
◎コースタイム(行動時間:4時間50分)
 内山峠駐車場(08:20)⇒一杯水(09:25)⇒艫岩展望台(09:50)⇒星尾峠分岐(10:15)⇒経塚山(10:30)⇒星尾峠分岐(10:50)⇒艫岩休憩所(11:20~11:50)⇒一杯水(12:15)⇒内山峠(13:10)
※コースタイムは休憩などを含んでおり個人差が大きく参考になりません。

今週はどこに行こうかとあちこち探しているうちに、自宅周辺から良く見える山ですがこれまで行ったことのない荒船山が見つかりました。

 荒船山は国道254号線を走って、長野県の佐久市や八ヶ岳方面に行く時に見える山で、特に内山峠を登る途中で道路の左側に大きく覆い被さるように見える山です。(正確には艫岩が見えるのですが…。)

 この荒船山にも幾つかの登山コースがあるようですが、今回はガイドブックで家族向けと紹介されている、一番手頃な内山峠からのコースで登ることにしました。

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 当日は自宅を6時半頃に出発すると、前橋ICから下仁田ICまで上信越道を走り、その後は国道254号線を走って登山口まで行く予定でしたが、内山峠に向かう途中で道を間違えてしまい、1本手前を曲がって旧道に入ってしまいました。

 その後も神津牧場から内山峠に向かう道を間違え、方向違いの内山牧場方面に走ったりして、結局30分以上もロスタイムしてしまいました。(今朝は早起きしたのですが…(*_*)

 内山峠の駐車場(マップコード:292 194 217)に到着して見ると、既に十台近くの車が駐車しており荒船山が人気の山であることが分かりました。

 すぐに空いているスペースに車を停めて登る準備を始めます。(下山した時は駐車場が満車となっていて、少し離れた道路脇に駐車している車がありました…)

 登山道の入り口には大きな案内看板が立っていましたが、大分くたびれた看板で文字も見難くそろそろ補修をした方が良さそうでした。
070421002

 登山道はゆるゆる登って行く登山道で、何ヶ所か岩場やハシゴを登る場所もありますが、それほど危険と感じるルートではなく、なるほど家族向けのハイキングコースと紹介される場所だと思いました。

 アップダウンが続く登山道を歩き、登山口から30分ほど登って行くと、左手の谷越に艫岩の大岩壁が見えて来ます。(間近から見ると一層迫力が増す感じです…)

 さらに鋏岩の休憩所を通過し、登山口から1時間ほど歩くと1杯水の水場に到着すると、先行していた4人グループが水分補給(味見)していましたが、予備の水も持っており水場を通過して先に進むことにします。
070421003

 1杯水を通過すると少し登山道らしくなりますが、特に難しい場所はなく2~3度折り返して登って行くと、間もなく艫岩の台地に上がります。

 ここからは登山道に沿って頂上台地を歩いて行きますが、ほどなく艫岩の展望台に到着しました。

 展望台からは北側が広く開けており、眼下に走って来た国道254号線の曲がつづら折れのルートが見渡せます。
070421004

 北東方面に妙義山のギザギザした岩峰や、お馴染みの榛名山が良く見えました。
070421005

 ガイドブックは北アルプスが見えると紹介されていましたが、今日の天気では少し無理な様子でした

 周囲に登山者が多く、それぞれが景色を眺めて記念写真を撮ったり、切れ落ちた岩壁を恐る恐る覗いたりしていました。(北側に浅間山が見えるはずでしたが、あいにくの曇り空で雲が低く山頂は見えません…)
070421006

 自分も記念の証拠写真を撮り、少し眺望を楽しんでから次の荒船山の山頂=経塚山へ向かうことにしました。

 荒船山の頂上台地はアップダウンが少なく、ここが山の上なのか?…と思うほど平坦な登山道が続いています。

 艫岩の展望台から25分ほどで星尾峠の分岐となり、左折して10分ほど急登すると経塚山の山頂に到着しました。

 途中の分岐点で気づいたのですが、分岐道標は経塚山が行塚山となっており、初めての人はアレッ?…と思うのでないかと思いました。
070421007

 誰が道標を管理しているのかは分かりませんが、荒船山=経塚山=行塚山と言うことを少し整理した方が良いと思いました。(ちなみに国土地理院の2万5千分1の地形図を見ると、1422.5mの三角点だけで経塚山の名前はありません…)

 経塚山の山頂は10人ほどが昼食中で大変賑やかであり、山頂周囲の眺望が良い訳でもないため、記録写真を撮ると早々と下山することにしました。
070421008

 山頂から下って艫岩方面に戻って行くと、ツアーと思われる30人ほどのグループと行き会いましたが、この様子では早々と山頂を後にしたのが正解でした。

 艫岩展望台の手前まで戻ると避難小屋で昼食を摂ることにしました。(ここに泊まる人がいるのか少し疑問が残りますが、避難小屋に20人位は泊まれそうでした…think。)

 避難小屋で隣合わせた夫婦連れは栃木から来た人で、あちこち歩いている山慣れた人たちのようでした。

 昼食タイムの合い間にも登山道は大勢の登山者が行き交っており、先週歩いた角落山とは大違いでした。

 昼食を取って展望台に寄ると、もう一度展望を楽しんでから下り始めましたが、下り坂では(少し疲れると痛む…)右ひざが痛くなり、標準タイムから10分ほど遅れて登山口に到着しました。

 家に帰る途中で荒船の湯に寄ることにし汗を流してから帰宅しました。

 (ほとんど単独行を予定しているため万一の備えで古いトランシーバーを買い換えました。今回はラジオの受信感度を確認しましたが、やはり一般のラジオより感度は落ちるようで、AMよりはFMの方が使えそうでした。何かあっては困りますが、ラジオは案外に重宝するかも知れません…confident

                                             ページの先頭へ

« 角落山・剣ノ峰(07.04.14) | トップページ | 四つ又山・鹿岳(07.04.28) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/15666716

この記事へのトラックバック一覧です: 荒船山(07.04.21):

« 角落山・剣ノ峰(07.04.14) | トップページ | 四つ又山・鹿岳(07.04.28) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック