« 長崎平和公園(3) | トップページ | プロローグ »

2006年8月13日 (日)

長崎平和公園(4)

 被爆から61年目の8月9日も大変暑い日となりました。
 8時半にホテルをチェックアウトし路面電車に乗り込みましたが、築町で途中下車し空港に向かうバスターミナルに荷物を預け、再び、路面電車に乗り込み平和祈念式典の会場に向かいます。

 先ずは今回の祈念式典に向けて、大勢の皆さんに折られ預ってきた折り鶴を爆心地公園に献納しました。
P1000221P1000220 その後、平和公園内に設けられた式典会場に向かいますが、当初の予定通り9時半過ぎに会場に到着しました。
 平和祈念式典は10時半の開始でしたが、既に会場内は数多くの遺族や市民が着席していました。

 こうした遺族や市民の参列者は年々高齢化しているようで、活動の引継ぎが大きな課題になると指摘されています。
 自分たちは会場最後列に設けられた一般参列者の席を確保しましたが、今回も高校生を中心に市民ボランティアが大勢参加しており、冷たいお茶やおしぼりを配ってくれるのは大変有り難いことです。

 祈念式典は主催者や遺族代表のあいさつが続き、P1000223政府から小泉首相や川崎厚労相が出席していましたが、単なるパフォーマンスのあいさつで終わることなく、残された遺族や被爆者の立場に立って、被爆者援護法改正などに取り組んで欲しいと思いました。

 帰りの飛行機の時間もあり、祈念式典の途中から会場から離れ、築町のバスターミナルに戻ることになりました。幸い心配していた台風7号は大した影響もなく、飛行機の運航に問題なかった様でした。
 当初は、築町のバスターミナルから12時24分発のバスに乗り込む予定でしたが、ここで小さなトラブルが発生しました。

 要するにバスターミナルで乗客数が管理されていないため、24分発のバスが満車となって取り残されることになったのです…。
 今回は台風が近づき早めに移動していたため、特に問題ありませんでしたが、搭乗手続きギリギリで移動する場合は困ったことになってしまいます。
 バス会社の方でも乗車券を販売するだけでなく、乗車人員の管理位は出来るだろうと思いました。

 長崎空港に13時30分に到着。搭乗手続きを済ませ遅い昼食を取り、予定通り15時発のJAL1850便で東京・羽田に戻りました。何時も思うことですが、次に長崎に行く時はゆっくりとした旅をしたいものです。

« 長崎平和公園(3) | トップページ | プロローグ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/11412484

この記事へのトラックバック一覧です: 長崎平和公園(4):

« 長崎平和公園(3) | トップページ | プロローグ »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック