« 奈良に行ってきました。(その5) | トップページ | 奈良に行ってきました。(その7) »

2006年5月22日 (月)

奈良に行ってきました。(その6)

 今日は午前中に東大寺や周辺をめぐり、午後は西ノ京を回る予定でしたが、思いの外時間がかかり、ゆっくりお昼を食べる間がないため、昼食用に近鉄駅前で柿の葉寿司を買い込むと、近鉄電車に乗って西ノ京に向かいます。

 
薬師寺は西ノ京駅から歩いて5分であり、拝観料を払って中に入ります。(しかし、どこに行っても拝観料であり、中に入っても国宝館などは別の料金を支払うのです。

 奈良のお隣で拝観料に税金を掛けると言うことが物議をかもしましたが、観光地周辺の環境整備を考えれば、これだけ払う拝観料の使途として自治体側の考え方も分からない訳ではありません。


 
薬師寺の東僧坊の片隅を借り、買って来た柿の葉寿司で遅い昼食を取ります。予定では少し気張った昼食でもと考えましたが致し方なし…。

 Img_0017しばしの休憩の後で東回廊を回って中門~西塔~東塔~金堂~大講堂と巡ります。

 薬師寺の国宝として薬師三尊像と東塔が有名ですが、TVでも報道されましたが高田好胤管主の時代に白鳳伽藍の再建が始まり、現在は回廊を建設中でした。

 ただ、幾星霜の風雪に耐えた雰囲気のある東塔と、創建当時の意匠を伝えるとは言え、再建されたばかりの西塔との違いを否定することはできず、これが違和感なく見れるのは何時の頃かと思わざるを得ませんでした。(売店では何となくお香を買いましたが…。)



Photo_5 白鳳伽藍の次は玄奘三蔵院伽藍でしたが、薬師寺が何で玄奘三蔵と関係があるか良く分かりませんが、大唐西域壁画殿の平山郁夫氏の壁画は素晴らしいもので、一度ならず見る価値があると思いました。

 
次は唐招提寺となります。ガイドブックも薬師寺から歩いて行ける距離になっていますが、帰りも歩かなければならず一日歩いて疲れた身にとっては辛い物でした。

 観光マップに従い、近鉄電車の横の道路を20分ほど歩いて到着しましたが、ここも拝観料を払って入門します。

 
現在、唐招提寺は解体修理中であり、金堂全体が建屋で覆われていて、何じゃ~これは…と言う感じで見学のタイミングが悪かったようです。

 金堂の解体修理はTVで見ていましたが、仕方がないので戒壇~御影堂~鑑真和上御廟と見物し、休憩所で一休みしてからホテルに戻ることにしました。(ホテルで温泉に浸かり足を入念にマッサージをしてもらいました…(笑)。)

« 奈良に行ってきました。(その5) | トップページ | 奈良に行ってきました。(その7) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/10172022

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良に行ってきました。(その6):

« 奈良に行ってきました。(その5) | トップページ | 奈良に行ってきました。(その7) »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック